わかば接骨院通信

2018年5月21日 月曜日

交通事故による足の怪我その治療 東海市の交通事故治療は当院へ

わかば整体院院長の須崎です。
ブログをご覧いただきありがとうございます。
本日は『交通事故による足の怪我その治療』について書いていきたいと思います(^O^)

交通事故による「足の怪我」

交通事故での負傷というと「むち打ち」を思い浮かべる方が多いかと思います。

「むち打ち」は交通事故では最も多い負傷と言われますが、実は足の負傷も多くあります。

そんな中でも以外にも多い「ダッシュボード損傷」を知っていますか?

運転手の急ブレーキの勢いや、車が衝突した時に起きる強い衝撃によって、シートベルトをしていても前に倒れようとするのが完全に止められず、助手席の方がダッシュボード部分に、さらに後部座席に座っている方も、前座席に背もたれ部分に「膝」を強打して負傷してしまうケースがあるのです。

ダッシュボードや背もたれに膝を強く打ちつけると、膝の前後の安定性を保持する靭帯の損傷、大腿骨の骨折、膝の皿(膝蓋骨)の骨折、股関節脱臼などが起きてしまいます。

一方、皮膚の表面に傷が無くても、事故の際に瞬間的に大きな負荷が足にかかると捻挫、打撲、肉離れといった筋肉・筋膜・靭帯など皮膚の下の軟部組織が負傷します。

自転車やバイク事故で転倒を回避しようとしたり、車での衝突回避に急ブレーキを踏んだりすると無意識のうちに足を踏ん張っていて、足には大きな力が加わるのです。

出血など一目でわかる傷がなく、骨折のようにレントゲンに写ることもない組織の傷は、適切な治療がされないまま放置されることも少なくありませんが、そのままにしておくと痛みが長引くだけでなく日常生活に支障が出るような後遺症の原因にもなります。

長期間放置されたままの軟部組織の傷は治療効果が出にくく、治療には時間がかかります。

安易な自己判断をせず、痛みや違和感がある場合は医療機関での早急な受診が必要です。

足の捻挫

断裂はないが靭帯が伸びた状態→靭帯が部分的に断裂→靭帯が完全に断裂し関節が不安定
と、捻挫はその状態によって3段階に区分されます。

又、足のひねり方によって、損傷を受ける場所が足首の内側の靭帯、足の甲の靭帯と変わってきます。

傷を負った部分を中心に腫れ、皮下出血により肌の色が変わり、痛みによって歩きにくくなります。

腫れや負傷箇所の変色は事故直後から時間の経過とともに拡がっていきます。

捻挫だから湿布を張っておけば大丈夫などという言葉を聞くことがありますが、靭帯は関節の安定性を保っているので、靭帯の損傷を湿布の貼付だけで放置してしまうと安定性が完全に回復せずに捻挫を繰り返しやすくなります。

捻挫が繰り返されると関節をつくっている軟骨がすり減ってしまい、痛みから関節を動かすことが難しくなります。

最初は軽度な捻挫だとしても、適切な治療をしないまま捻挫を繰り返すと靭帯が完全に断裂してしまったり、変形性関節症を起こしてしまったりするので、早急な対応が必要です。

打撲

体の皮下組織・筋肉に起きる損傷の中でも損傷がないものを打撲と呼びます。

打撲は血液中の酸素などによって修復が行われますが、その修復過程で血流が増加することにより、傷ついた部分が熱を持ち、腫れや赤みが現われます。

損傷部分を少し動かしてみると、打撲と骨折を見分けることができます。

打撲のケースでは痛みがあっても多少動きますが、骨折は痛みが強く、ほぼ動かすことが難しくなります。

また、打撲であれば打った箇所のみが腫れてきますが、骨折は骨折箇所を含めてその周辺が全体的に腫れてきます。

打撲は時間の経過とともに痛みが和らぎますが、骨折はそのまま放置すれば痛みや腫れが強くなり和らぐことはありません。

捻挫・打撲の応急処置は「RICE」

捻挫・打撲の応急処置として知られる「RICE」を知っておくと、家庭でのケアにも役立ちます。

◎Rest

無理に動いたり、患部を動かしてはいけません。

痛みのない姿勢で安静を保ちます。

◎Ice

冷却することで痛みが軽減され内出血、炎症を和らげられます。
   
◎Compression

包帯やテーピング、もしない場合は手などを使って、出血や腫れが悪化しないように幹部を圧迫します。

◎Elevation

患部を心臓部分より上にします。

肉離れ

肉離れは、静止している状態から急激な運動をしたり、負荷をかけたりすることで、筋肉が耐えられないほどの力を受けてしまい、筋肉膜が損傷・断裂をしたケース症を指します。

足をダッシュボードにひどく打ち付けた際に肉離れを起こすケースもあります。

肉離れの主な症状は痛みですが、損傷の程度によってその痛みも違ってきます。

体の外から見て、筋肉の損傷部分がへこんでいるのが分かる程の重症の場合、発生直後から1人では歩くことができないほどの痛みがあります。

症状の軽い肉離れの場合は歩くことに支障はでず、走ると痛み感じ肉離れに気づくということもあります。

肉離れはしっかり完治させないと再発を繰り返すようになり、治療も長期に及んでしまいます。

発生から数日が経過し、痛みが軽くなってきた頃からストレッチを始め、屈伸運動、歩行運動、ジョギングと専門家の指導の下でリハビリを進めます。

完治するまで無理をせず、治療、リハビリに慎重に対応することが必要です。

わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

交通事故治療についての詳細はこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院

カレンダー

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ