わかば接骨院通信

2018年10月 5日 金曜日

交通事故治療でよく目にする自賠責保険とは 大府市のわかば接骨院


わかば接骨院院長の須崎です。
ブログをご覧いただきありがとうございます。
本日は『交通事故治療でよく目にする自賠責保険とは 』について書いていきたいと思います(^O^)


自賠責保険とは


「自賠責保険」は自動車を運転する人が必ず加入しなければいけない保険です。

自賠責保険とよく聞きますが、「自動車損害賠償責任保険」が正しい名前です。

この保険ついて実は「自動車損害賠償保障法」という法律が定められており、加入する必要があります。

加入をしていない状態で原動機付き自転車を含む全ての自動車を運転してはいけなせんし、することもできません。

未加入の状態で運転をしても「ばれないし大丈夫だよね...」と思っていませんか?

違反をした場合は罰金や懲役がある他にも、車を運転する時に「自賠責保険証明書」を携帯しないで運転をした場合も厳しく処せられます。

また、道路交通法においても加入していない状態での運転は交通違反とされており、免許停止処分に該当する違反点数6点となっています。

逆に無保険車で事故の被害者になると、政府保障事業に該当するので、被害者救済処置を受けることができます。


自賠責保険の特徴


①補償は「対人」についてのみ


自賠責保険の最大の特徴は「被害者への最低限度の保護」になっているので、物損事故に対する補償、被害者の車や持ち物、加害者の体や物への補償はされません。

また、1つの事故において複数の被害者がいる場合も、定められている被害者1名ごとの支払限度額が少なくなることはありません。


②被害者が直接保険金(共済金)の請求ができる


自賠責保険は様々な保険会社に取り扱いされていますが、取扱いの会社によって内容が変わることはありません。

被害者になった場合は、加害者を通すことなく直接損害保険会社に請求を行うことが可能です。

事故後すぐに必要になる医療費、治療費などについては、損害賠償の金額が確定する前でも請求することが可能な「仮渡金制度」があります。


③保険金の減額


交通事故で「過失」の有無にかかわらず、「被害者」として保護される自賠責保険ですが、ケガを負った被害者側にも交通事故発生において重大な過失があったケースには、過失相殺による保険金の減額があります。


自賠責保険による接骨院での治療について


自賠責保険から被害者に支払われる保険金(共済金)には、傷害・死亡・後遺障害に対して支払限度額があります。

「傷害による損害」の補償は、


・治療関係費
・文書料
・休業損害
・慰謝料



が支払われ、限度額としては被害者1名にあたり1,200,000円となっています。

「治療関係費」には、治療費だけでなく看護料、雑費、通院交通費などの費用が含まれ、例えば「接骨院」への通院もここに入ります。

更に細かく見ていくと「治療費」には、診察料の他、通院費用、入院費用、入院料、投薬にかかる料金、応急手当の費用、手術台・処置代などが含まれます。

また、「通院交通費」に関しては、通院に使用した自家用車で使用したガソリン代だけでなく公共交通機関を使用した場合の乗車料、タクシーを使ったさい請求された料金の他、有料駐車場も対象になります。

交通事故の治療が終了するまで、「治療費」として支払った料金の領収書等は、大切に保管しておく必要があります。


[自賠責保険を使った接骨院での治療の流れ]


交通事故を起こした側の被害者になっても、自賠責保険が適用されるため、治療に関しての負担はなく、医療機関窓口でのお支払いはありません。

わかば接骨院の場合は当院にて保険会社への連絡を行うため、保険会社への連絡も不要です。

また通院中の病院、整形外科からの転院を希望される場合も、転院の手続きなどのサポートもすべて当院で行いますので、そのままお越し頂けます。

交通事故治療に関しては、整形外科と接骨院の併用が可能で、その場合も窓口負担金はありません。

事故後詳しい診断のために、整形外科でレントゲンやMRIなどの撮影をして、じっくりと治療に取り組みたい「むち打ち」などの治療には接骨院に通われる方もいらっしゃいます。

また、当院ではむち打ち症などで身動きがとれず来院できない、という方を対象に往診施術も行っておりますが、このように往診可能な医療機関もあるので、事故後、体を動かしにくい間はお願いしましょう。

わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談ができ、保険会社への連絡、会社等に提出する書類など、事故に関する手続きについてもアドバイスを受けることができます。

症状が改善され治療が完了すると、保険会社の担当に治療を終えた旨を報告します。

算出された費用の明細が描かれた「示談内容書」を確認し、承諾のサインをして完了となります。

治療の終了を保険会社に伝えると示談となり、その後損害賠償額の請求、そして受け取りの手続きが行われます。

自賠責保険は被害者が安心して交通事故の治療に専念できるように作られた制度なのです。

わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

交通事故治療についての詳細はこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院

カレンダー

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ