よくある質問集

2013年4月28日 日曜日

休業損害って?①(自賠責基準)

勉強会を終えまして、大阪から近鉄特急アーバンライナーに揺られています。
新幹線の倍の時間がかかりますが、ボンビー須崎には非常にありがたい!

大府市、共和駅徒歩一分のわかば接骨院です。
けがや痛みの治療で整形外科や病院から転院可能。

さて、今回のテーマは『休業損害って?①(自賠責基準)』

休業損害とは、交通事故によるけがで仕事を休んだために得ることのできなかった収入や賃金のことで、被害者の損害として請求することが可能です。

・原則、一日5700円
※但し、確定申告書や所得証明書、源泉徴収票などを根拠に、一日5700円を明らかに超える場合は、一日19000円を限度にその金額が支払われます。
・対象となる日数は、実際に休業した日数を基準とし、被害者の傷害の状態や治療日数などその他の事情を勘案し、治療期間の範囲内で認められます。
・加害者が任意保険に未加入で、自賠責保険にしか加入していない場合は自賠責基準にて算定されてしまいます。

では、続きは次回に!!

交通事故治療についての詳細はこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

2013年4月27日 土曜日

遅延損害金って?

おはようございます!ほんっっとうに暖かいですね。
本日は大阪にてセミナーのため、臨時休診とさせていただきますm(_ _)m
さて、生まれて初めて新幹線に一人で乗っている須崎章博です。ちょっぴり緊張しています(笑)

JR共和駅前のわかば接骨院です。むち打ちなどのけがや痛みで大府市内・大高・有松などから来院されます。

ではでは、今回のテーマは『遅延損害金って?』です。

交通事故に遭ってしまった時から、実際に損害賠償として保険金が支払われるまでには、かなりの期間がかかってしまうのが現実です。
不法行為発生日(交通事故に発生日)から被害弁済された時までの間、年5%の割合で遅延損害金を請求することができます。
しかし、被害者側が裁判を提起し、判決が出た場合、裁判所は遅延損害金を認めてくれますが、それ以外の場合(調停や協議による示談)は、保険会社は遅延損害金を請求しても認められないのが現実です。


交通事故治療についての詳細はこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

2013年4月25日 木曜日

弁護士費用は認められるのか?

良い天気ですね!
今日は昼休みにデイサービスで機能訓練をしてまいりました。
皆さん元気いっぱいで、楽しく運動していただけるので本当に嬉しいです!

大府市共和駅東口スグ!
当院は、整形外科や法律事務所と連携し、緑区(有松・大高)から多く来院されます。

今日のテーマは『弁護士費用は認められるのか?』

交通事故に限らず、不法行為による損害賠償請求事件は、裁判上被害者の依頼した弁護士報酬の一部を、事故との因果関係にある相当な範囲内で加害者側に請求することが可能です。

裁判所の判決では、損害賠償額の約10%程度の弁護士費用を認める例が多いようです。

※任意保険で『弁護士費用特約』にご加入している方は、弁護士費用をすべて保険で賄うことができます。

交通事故治療についての詳細はこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

2013年4月24日 水曜日

子供の学習費は認められるのか?

あいにくの『雨』ですね...
今日は当院の向いで仲良しの『ミニミニ』さんのゴルフコンペです。もちろん僕は仕事してますが!
皆さん楽しみにしておられたので残念ですね。

大府市、共和駅徒歩一分のわかば接骨院です。
けがや痛みの治療で整形外科や病院から転院可能です。

今日のテーマは『子供の学習費は認められるのか?』

積極損害として裁判で認められたものに『子供の学習費』があります。
入院や治療のために授業が受けられなくなって学力が低下した場合、被害の内容・程度・年齢・家庭環境などによって、相当な範囲内で認められます。
但し、被害者本人の明らかな努力が不足して留年したようなケースは必ずしも認められるわけではありません。


交通事故治療についての詳細はこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

2013年4月23日 火曜日

タクシーで通院って?

朝はまだまだ寒いですね!

JR共和駅前のわかば接骨院です。むち打ちなどのけがで共和・大高・有松などから来院されます。

今回のテーマは『タクシーで通院って?』

被害者が医療機関に通院するための交通費の請求は認められています。但し、交通費のは社会通念上必要かつ妥当な実費とされています。原則、バスや電車など公共交通機関が運賃とされ、タクシー代は使用にあたっての相当性がないと認められません。

タクシーやハイヤーなどの費用は、被害者の傷害の程度や部位、年齢など、相当性が認められる限度内で請求が認められます。

タクシーを使用する相当性がないにも関わらず、漫然と通院に利用してしまった場合、あとで保険会社から、支払いを拒否されて、結局自己負担となってしまう場合があります。ご注意ください!

また、交通費の領収証は大切に保存しておきましょう。

※自家用車を使用した場合のガソリン代や駐車料金など実費分の請求も可能です。

交通事故治療についての詳細はこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ