よくある質問集

2014年3月19日 水曜日

逸失利益の考え方?大府や東海市の追突事故むちうち保険治療は当院へ

東海市の追突事故むちうち保険病院なら大府市のわかば接骨院へ

『逸失利益の考え方?』

逸失利益の考え方は差額説と労働能力喪失節の2つの学説がございます。差額説は交通事故前と交通事故後の収入の差額を逸失利益と捉え、現実の収入がなければ逸失利益は認められないとする考え方です。
労働能力喪失説は、収入における事故前と事故後の差額ではなく、後遺障害によって労働能力の低下や喪失自体を損害と捉える考え方です。裁判では主に差額説が採用されていると考えられていますが、被害者個々の立場を考慮し、慰謝料に上乗せして調整される場合もございます。

交通事故治療についての詳細はこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

2014年3月18日 火曜日

労働喪失率? 東海市や大府の追突事故むちうち保険病院は当院へ

東海市で追突事故のむちうち保険治療で整形外科や病院をお探しなら大府市共栄町のわかば接骨院へご来院ください。

『労働喪失率?』

労働喪失率の認定には有効性労働基準監督局の通牒による労働能力喪失率が基準として使用されております。これを参考にして被害者の年齢や性別、職業、後遺障害の部位や程度、事故前後の稼働状況や生活状況などをトータルで考慮して決定されます。
自賠責保険においては保険金額の上限が決められています例えば第14級においては75万円、第1級では3,000万円とされています。
行為障害の保険金が逸失利益と慰謝料の合計額で算出されることになります。傷害に対しての保険金の上限120万円とは別枠で支払われます。ただし、自賠責保険の性質上、これらはあくまで最低限の保障となります。被害者は自分で適正な賠償額を算出して請求する必要があります。

交通事故専門サイト
http://www.obu-jiko.com/

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

2014年3月17日 月曜日

逸失利益って?大府や東海市のむちうち事故治療は当院へ/病院

東海市で事故によるむちうち保険治療は大府市共和駅前のわかば接骨院へ

『逸失利益って?』

逸失利益とは後遺障害により、労働能力が低下したと認められることで、働けなくなったことによる減収部分のことをいいます。
このこの後遺障害における逸失利益は請求可能です。

計算方式は下記の通りです。

年収×労働喪失率×就労可能年数に対応するライプニッツ係数

となります。
例えば、年収600万円、40歳のサラリーマンの方が交通事故によってむちうちとなり、後遺障害が残存し、第14級9号に認定された場合
・労働能力喪失率は5パーセント
・40歳に対応するライプニッツ係数は14.643
つまり...
400×0.05×14.643=292万8600円
となります。

自賠責保険の限度額は決められています。超過した場合については加害者側の自己負担又は加害者側の任意保険会社の負担となります。

交通事故治療についての詳細はこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

2014年3月15日 土曜日

後遺障害の積極損害って?② 大府市や東海市の事故保険治療は当院へ

大府市や東海市でむちうちや腰痛など、交通事故保険治療は日本初の交通事故資格『交通事故専門士』のいるわかば接骨院にご相談ください。

前回の続きです。
『後遺障害の積極損害って?②』

③家屋等の改造費
家の玄関や出入り口、風呂場やトイレ等を改装しなければ日常生活に多大な支障を招くようなケースでは実費を請求することが可能です。また、自賠責保険限度額は120万円となります。

④装具費用
後遺障害の程度によっては義足、車椅子、補聴器、入れ歯、盲導犬などの義肢の購入やレンタル費用の請求が可能です。これらは半永久的に使用できるものではないので、将来的に交換や買い替えの費用も請求することが可能です。

装具の買い替えや逸失利益の算定をする場合には、将来受け取るはずの金額を現時点で一時金として受け取ることが可能です。それを運用したと仮定して得られる利息分を中間利息といいます。その中間利息は控除しなければなりません。

中間利息の控除方法には、下記の2つの方法があります。
1.新ホフマン式(単利)
利息が当初の元金のみにかかる計算方式です。
2.ライプニッツ式(複利)
元金に利息が加算されることで、新しい元金としてさらに利息が加算される計算方式です。
単利で計算する新ホフマン式よりも複利で運用するライプニッツ式の方が利息が大きくなり、控除される額も大きくなります。
中間利息による控除方式について裁判事例もあります。平成11年に東京・名古屋・大阪地裁より『交通事故による逸失利益の算定方式についての共同提言』を提出し、中間利息をライプニッツ式に控除利率を年間5パーセントとしました。
行こう低金利時代の兼ね合いもあり4パーセント・3パーセントを採用する関連もありましたが基本的に今後は5パーセントが主流となると考えられています。

交通事故治療についての詳細はこちらをご覧ください。


投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

2014年3月 7日 金曜日

加害者の緊急措置義務・報告義務 事故保険治療は大府市の当院へ

おはようございます。
大府市共和駅徒歩一分、非常に便利なわかば接骨院です。
当接骨院では交通事故の保険治療が可能です。また病院や整形外科などからの転院も可能です。

交通事故を起こして加害者になってしまったらどうすればよいのでしょうか?
まず事故の状況をよく確認し、ケガ人がいれば救護しなければなりません。そして、最寄りの警察に知らせることです。
これが緊急措置義務と報告義務です。

具体的には
・緊急措置義務
1.車両などの運転停止
2.負傷者の救護
3.道路における危険防止

適切な対応が必要ですね。

交通事故治療についての詳細はこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ