わかば接骨院通信

2015年6月20日 土曜日

交通事故後の耳鳴りの原因究明と治療方法 

事故後の耳鳴りの原因究明と治療方法

事故を起こした際、それが原因で耳鳴りが起きます。事故後の後遺症として衝突時の衝撃を体内で発散出来ずに身体の緊張として残ります。この緊張を発散するため耳鳴りが起こります。事故によって起きた耳鳴りは治療に約3ヶ月を要し治療は内服薬の処方とカウンセリングが中心になります。何故カウンセリングを受けるかというと、ストレスが耳鳴りの治療に悪い影響を及ぼすので専門医と症状に関する悩みを話し改善に導くために必要になるからです。耳鳴りは耳鼻科と接骨院で診てもらいましょう。耳鼻科と接骨院を受診することで治療が速く進み身体の負担を早く取り除けることに繋がります。

事故後の耳鳴りと普段の耳鳴りの違い

事故後の耳鳴りは事故の衝撃で負った身体の異常を回復しようと自己回復機能が作用して現れるものです。日常では工場などで大きな音を聞き続けていると耳鳴りになったりします。騒音が激しい場所で長く居ると聴覚神経が活発化して余分な脳の信号を受信することで耳鳴りが起きます。ヘッドフォンで長時間音楽を聴く場合も注意が必要です。大きな音が鳴っている場所に長時間居る場合静かな場所で耳を休ませるなどをして休憩を挟むことが耳鳴り対策に有効です。耳鳴りは、他にも日常のストレスにより起きてしまうことが少なくありません。ストレスを溜めると心と身体の緊張とリラックスのバランスが上手に取れなくなり自律神経が乱れ、それが原因で聴覚の平衡感覚が乱れて耳鳴りとして現れます。それに加え不安に陥り易くなり「早く治したいのになかなか治まらない」と悩むことで常に耳鳴りへ意識が集中し悪化に繋がります。どちらにしても一人で悩むことは耳鳴りの悪化につながる可能性があります。一人で悩まず専門医と相談することが大切です。

耳鳴りの慢性化

耳鳴りの慢性化は、耳鳴りによって引き起こされるストレスを繰り返し感じることが原因で耳鳴りが悪化して起こります。耳鳴りで感じるストレスとは、音が気になり集中できないことや眠れないことなどです。こういうことなどで悪循環に陥ってしまい慢性化します。耳鳴りは身体の面より心の面の方が大きく関わっていますので、まずは何に対してストレスを感じるのかを医師に相談し早期の原因究明と治療をすることが重要です。わかば接骨院でも交通事故治療は可能です。詳細はコチラをご覧ください。




投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

2015年6月16日 火曜日

交通事故後のむち打ちの原因究明、治療方法 大府市のわかば接骨院

事故後の後遺症のむち打ちの原因と治療法

むち打ちがどのように起こるかというのは、あまり詳しくは知らない方が多いのではないでしょうか。交通事故で多く起こってしまうむち打ちですが、どのように起こるかというと、運転中に不意に後ろからの衝撃が来たときに胴体が先に前へ突き出て頭部が残される状態、つまり身体がS字の様な体勢になります。追突されたりしたときの衝撃は、とても大きいのでその衝撃が身体に来た時に首に負担がかかりそれが原因で首をひどく痛めます。これが"むち打ちです"。治療方法ですが、マッサージ、電気療法、牽引で軽度のむち打ちであれば、3ヶ月を目安に回復します。むち打ちを発症している事が分かった場合レントゲンやCTで見てもらい念のため接骨院でみていただいた方がいいでしょう。

事故以外にもむち打ちになる場合も

事故以外にスキーやスノーボードなどをやっているとき転倒すると、むち打ちになる場合があります。他にもデスクワークで首の後ろに無意識に力が入り続けてしまい、疲労でなることもあります。日常的なことなので、気づかずそのままにしておくと症状が慢性化してしまう可能性があるので注意が必要です。

むち打ちになってしまった後の有効な対処方

頚椎へのダメージを今以上に悪化させないために固定具を装着してもらうことをお勧めします。温めることにより血の巡りがよくなり自然治癒力が増し回復に有効です。

交通事故治療の詳細をご覧ください。

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

2015年6月12日 金曜日

交通事故による腰痛の治療法 大府市のわかば接骨院

交通事故による腰痛

交通事故によって、首のむちうちなどがおこることはよく知られていますが、「腰痛」も起きますので要注意です。しかし、「痛みが少ないから」「痛みを感じないから」などと放置してしまうケースがままあります。その場合、痛みが慢性化してしまったり事故後時間が経ってから痛みを覚えるようになってしまう事もあります。レントゲンで異常がなくても、接骨院で診てもらうようにしましょう。

腰痛はどのようにして起こるのか

交通事故の接触追突事故など、急激な外部からの力により脊椎骨盤がゆがんで腰痛が発生します。(また交通事故のショックによる精神的ストレスによっても発症することもあります。)腰痛は、おもに背骨のゆがみにより痛みを感じます。背骨は骨盤の上に積み木のように重なっていて、それらを支える筋肉があります。背骨がゆがむことにより背骨を支える筋肉の血液の循環が悪くなり、筋肉が固まりコリとなります。このコリが腰痛の原因となります。精神的ストレスについては、交通事故治療を専門とする接骨院ならばしっかりと優しくケアしてくれるでしょう。

症状による腰痛の分類

交通事故による腰痛のパターンには3つのものが挙げられます。
1 痛みが強く出ている場合
2 痛みはそれほど強くないが、重たい感じがする場合
3 痛みはあまり出ていない状態
それぞれに応じて対処法があります。
1の痛みが強い場合、炎症が起きている可能性がありますので、炎症を抑える処置をします。
2の重たい感じがする場合、症状が慢性化してしまう可能性がありますので、継続的な長い治療が必要になってきます。
3の痛みはあまり出ていない状態、これが要注意です。「大丈夫だから」と処置を放っておくと後々に痛みが出てくることが多くあります。筋肉や関節の深い部分にダメージを受けている場合があります。後々まで痛みを引きずらないよう、根本的な治療をしていきます。炎症があれば、炎症を抑える処置を早めにします。

その他の腰痛の原因

その他の腰痛の原因として、棘間靭帯・棘上靭帯の損傷も挙げられます。棘間靭帯・棘上靭帯の損傷とは、背中のでっぱった部分にある靭帯が交通事故の強い衝撃によって、部分断裂や炎症を起こしてしまう症状です。交通事故の衝撃は下から上に向かうので、背骨や背中への損傷が起こりやすいのです。またぎっくり腰になる場合もあります。交通事故に遭ったら、痛みを感じてもいなくても、早めに整形外科と接骨院を受診しましょう。わかば接骨院でも交通事故治療は可能です。交通事故治療の詳細をご覧ください。

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

2015年6月 9日 火曜日

交通事故後のめまいは初期治療が大事 大府市のわかば接骨院

事故後のめまいの原因究明

交通事故後に引き起こされるめまいや頭痛などは、医療機関でレントゲンやCTなどの検査をしても、特に異常が見つからなかったり、痛みが一時的に治まったり、他に重度な痛みが生じていなかったりして、原因が特定できない場合が多々あります。
ひどい場合には、原因が特定できないからといって『精神的なものだろう』と、精神科に回されてしまうこともあります。
しかし症状がでるからには、どこかに悪い箇所があるはずです。
精神的なものであるのでしたら、内科の検査をすればストレスから胃酸が多く分泌して胃潰瘍などが生じたりすることなどで判ることもありますし、色々な診察や検査を行えば時間がかかっても、何かしらの原因が判るのではないかと思います。

初期治療が大事

さてめまいの原因として一番多くあげられているのは、むち打ちではないでしょうか。原因が特定できないからといって、放置しておいてはいけません。めまいを引き起こすむち打ちにおいて最も大事なことは、事故後のできるだけ早い時期から治療をすることなのですから。
例えば骨折した場合は、すぐに固定せず放っておくと、元通りにまっすぐくっつきません。
むち打ちも、交通事故の衝撃により骨が歪んだり、それが神経、血管を圧迫するなどして引き起こされるもので、骨折と同じことがいえます。
初期に歪んでしまった骨を固定しないと、歪んだままになってしまい、結果として神経、血管を圧迫してしまい、症状が長引いてしまうというわけです。
当院でも交通事故治療は可能です。交通事故治療の詳細をご覧ください。

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

2015年6月 5日 金曜日

交通事故による腰痛の治療法 大府市のわかば接骨院

交通事故による腰痛

交通事故によって、首のむちうちなどがおこることはよく知られていますが、「腰痛」も起きますので要注意です。しかし、「痛みが少ないから」「痛みを感じないから」などと放置してしまうケースがままあります。その場合、痛みが慢性化してしまったり事故後時間が経ってから痛みを覚えるようになってしまう事もあります。レントゲンで異常がなくても、接骨院で診てもらうようにしましょう。

腰痛はどのようにして起こるのか

交通事故の接触追突事故など、急激な外部からの力により脊椎骨盤がゆがんで腰痛が発生します。(また交通事故のショックによる精神的ストレスによっても発症することもあります。)腰痛は、おもに背骨のゆがみにより痛みを感じます。背骨は骨盤の上に積み木のように重なっていて、それらを支える筋肉があります。背骨がゆがむことにより背骨を支える筋肉の血液の循環が悪くなり、筋肉が固まりコリとなります。このコリが腰痛の原因となります。精神的ストレスについては、交通事故治療を専門とする接骨院ならばしっかりと優しくケアしてくれるでしょう。

症状による腰痛の分類

交通事故による腰痛のパターンには3つのものが挙げられます。
1 痛みが強く出ている場合
2 痛みはそれほど強くないが、重たい感じがする場合
3 痛みはあまり出ていない状態
それぞれに応じて対処法があります。
1の痛みが強い場合、炎症が起きている可能性がありますので、炎症を抑える処置をします。
2の重たい感じがする場合、症状が慢性化してしまう可能性がありますので、継続的な長い治療が必要になってきます。
3の痛みはあまり出ていない状態、これが要注意です。「大丈夫だから」と処置を放っておくと後々に痛みが出てくることが多くあります。筋肉や関節の深い部分にダメージを受けている場合があります。後々まで痛みを引きずらないよう、根本的な治療をしていきます。炎症があれば、炎症を抑える処置を早めにします。

その他の腰痛の原因

その他の腰痛の原因として、棘間靭帯・棘上靭帯の損傷も挙げられます。棘間靭帯・棘上靭帯の損傷とは、背中のでっぱった部分にある靭帯が交通事故の強い衝撃によって、部分断裂や炎症を起こしてしまう症状です。交通事故の衝撃は下から上に向かうので、背骨や背中への損傷が起こりやすいのです。またぎっくり腰になる場合もあります。交通事故に遭ったら、痛みを感じてもいなくても、早めに整形外科と接骨院を受診しましょう。わかば接骨院でも交通事故治療は可能です。交通事故治療の詳細をご覧ください。

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ