わかば接骨院通信

2015年7月27日 月曜日

事故に遭った同乗者の治療費を補償する保険 大府市のわかば接骨院

自動車事故が起きてしまうと、自分と相手だけでなく自車の同乗者も巻き込まれることになります。
万一の時に、大切な家族や友人が満足のいく治療を受けられるよう、自動車保険(共済)の補償内容を今一度確認しましょう。

自賠責保険は適用範囲内

自賠責保険と、任意保険の対人賠償保険は、いずれも事故で他人を死傷させてしまった場合に損害賠償の支払いを補償する「賠償責任保険」ですが、「他人」の意味合いが異なります。
自賠責保険では、「運行供用者」(車の所有者および運転者)を除く全ての人が「他人」であり、他車や歩行者といった相手だけでなく、家族を含む同乗者も補償されます。
ただし例外として、自分の車を父が運転していた(父が運転者=運行供用者となっている)場合や、逆に自分が父の車を運転し、父が助手席にいた(同乗者の父が所有者=運行供用者である)ような場合は保険金が下りません。そのため、車の貸し借りはみだりにしない方が良いでしょう。

対人賠償保険は身内を補償しない

自賠責保険だけでは保険金が不足しがちなため、任意保険にも併せて加入するのがセオリーですが、対人賠償保険では運行供用者の他、その配偶者(内縁含む)や同居中の親族といった身内も「他人」と見なされず、補償の対象とはなりません。一方、義理の父母や経済的に独立した子は「他人」となります。
また、被保険者の事業に就いている使用人も対象外です。
なお、これらの身内については、同乗して事故に巻き込まれた場合だけでなく、誤って車でひいてしまった際にも対人賠償保険からは保険金が出ません。

身内を補償する保険

同乗した身内を補償する保険は以下の3つです。

・人身傷害保険
・搭乗者傷害保険
・自損事故保険

人身傷害保険は、契約車両に乗る全ての人に対し、治療費・休業損害・逸失利益などを合算した総損害額を補償します。相手がいる事故は示談交渉に時間がかかりやすいですが、この保険では過失割合に関係なく実損払いとなり、示談成立を待つことなく補償を受けられます。
搭乗者傷害保険はけがの度合いに応じて当座の治療費を補うもので、これも過失相殺を受けません。
自損事故保険は対人賠償保険に付帯されており、今回述べてきたケースのように自賠責保険で補償されず、人身傷害保険等にも未加入であるなど、どこからも保険金が出ない事態を防げますが、保険金額が自賠責保険の半分程度というデメリットもあります。
事故後のけがの慢性化を防ぐにはスピーディな診断と治療が望ましいため、突然の医療費に困ることのないよう保険の内容を見直しておきましょう。

当院では交通事故専門士による無料相談も行っております。

交通事故治療についての詳細はこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

2015年7月20日 月曜日

交通事故による前十字靭帯損傷について 大府市のわかば接骨院

前十字靭帯損傷(ACL損傷)について

前十字靭帯損傷は膝の損傷です。膝には内側側副靭帯、外側側副靭帯、前十字靭帯、後十字靭帯の4つの靭帯が存在します。内側側副靭帯と外側側副靭帯は上下の骨が左右にずれるのを防ぎ、前十字靭帯と後十字靭帯は前後にずれるのを防いでいます。その中でも前十字靭帯は、大腿骨の外側と脛骨の内側を結び、脛骨が前にずれるのを防いでいます。ですから、前十字靭帯は、膝関節の安定性を保つうえで一番重要な靭帯と言えます。交通事故では、膝を伸ばして踏ん張っている時に、膝をひねると前十字靭帯損傷がおきます。特に二輪車を運転中に事故を受けた場合に多く発生します。ほとんどは、断裂で何かが切れたような、ブチッという音を感じたとこの損傷をした人は言います。関節内は大量に出血し、パンパンに腫れます。

診断について

前十字靭帯損傷には3つの診断方法があります。
① ラックマンテスト
膝を15~20°屈曲させ、前方に引き出します。前十字靭帯断裂の場合、脛骨が異常に前方に引き出されます。これだけでも大まかな診断がつきますが、より細かく診断を行うために、単純なレントゲン撮影、CTスキャン、関節造影、MRIなどが行われます。このなかでもMRIがとても有効であるとされています。
② ストレスレントゲン撮影
脛骨を前方に引き出し、ストレスをかけてレントゲン撮影を行います。断裂がある場合、脛骨が前方に引き出されて写ります。後遺障害の認定には必ずストレスレントゲン撮影が必要になってきますので注意してください。
③ 関節鏡
関節鏡で直接、半月板損傷を確認することも可能です。

治療について

一度断裂した前十字靭帯は自然に元に戻るということはありません。まず受傷直後はアイシング(冷やすこと)を行います。膝を固定し患部を氷水でアイシングします。このアイシングは膝全体に3~4日間続けます。症状が軽い場合は保存的療法を行いますが、それは大腿四頭筋やハムストリングス筋などを強化するものです。
前方引き出しテストで、すねが太腿より前以上に引き出される状態では、膝崩れを頻発し半月板損傷を引き起こします。ですので、手術により靭帯の再建をおこないます。靭帯の再腱の手術は受傷後1ヵ月程度の安静と可動域の訓練の後に行います。再腱手術後は8~12ヵ月の長いリハビリが必要です。リハビリに関しては、専門性の高い接骨院・整骨院を受診するのもいいでしょう。

わかば接骨院でも交通事故治療は可能です。
詳細はコチラをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

2015年7月17日 金曜日

交通事故による半月板損傷について 大府市のわかば接骨院

半月板損傷とは

半月板は膝関節にあります。これは大腿骨と脛骨の間にあるC型と逆C型をした軟骨のような組織で、関節の動きを滑らかにし、また上下の圧力を分散するクッションの役割を果たしています。内側半月板と、外側半月板の二つがあります。交通事故などによって割れたり切れたりして、関節軟骨を削ってしまったりすることによって、膝の曲げ伸ばしの際に痛みやひっかかりを感じたりします。ひどい場合には、膝に水(関節液)がたまったり、急に膝が動かなくなる「ロッキング」という状態になり、歩けなくなるほど痛くなります。交通事故の場合、膝を曲げた状態でひねった時に損傷を受ける場合が多いです。そのほかスポーツや加齢などによっても引き起こされます。

半月板損傷の診断

半月板損傷の診断法にはいくつかあります。
① マクマレー・テスト
受傷者を仰向けにし、受傷した足のひざを最大限曲げ、ゆっくりと足を医師が動かします。半月板損傷があれば、膝に激痛が走ったりグキッという音がします。
② グリンディング・テスト
受傷者をうつぶせにし、膝を90度曲げ、かかとを下に押しながらまわしたとき痛みを発すれば半月板損傷の疑いがあります。
③ その他
そのほかではMRIがとても有効です。レントゲン撮影では半月は写らないからです。MRIは合併する靭帯損傷の診断にも有効です。また、関節鏡検査(関節鏡を切開して膝関節へ挿入し、半月板や靱帯、関節軟骨など関節内の状態を、テレビ画面に映し出された映像から肉眼で観察する)では、直接、半月板の損傷を確認することができます。

半月板損傷の治療について

半月板損傷の治療については、基本的にはリハビリテーションや抗炎症薬の投入など保存的療法が中心ですが、ロッキング症状や膝に水が溜まるなど症状が重い場合、手術療法が行われます。
手術は、断裂部位の縫合か内視鏡での切除となります。半月板辺縁部の断裂例では縫合となります。
手術は関節鏡という小さなカメラを関節に入れて、モニターテレビで関節の中を見ながら行います。術後は膝をギプス固定し安静を保ちます。
半月板には欠陥が乏しいため、縫ってくっつくというわけではなく、リハビリテーションなどを通じて上手く付き合っていく方法を探していくこととなります。術後2~3週目より活動的なリハビリテーションを開始しますが、術後2ヵ月くらいは激しい運動は避けるべきです。
交通事故ではMCL損傷やACL損傷を合併することが多いので注意が必要です。

わかば接骨院でも交通事故治療は可能です。
詳細はコチラをご覧ください。


投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

2015年7月15日 水曜日

交通事故での膝靭帯損傷 大府市のわかば接骨院

内側側副靭帯損傷(MCL損傷)とは

まず靭帯とは、膝を支えているゴムバンドであると言う事ができるかと思います。膝の左右の内外側側副靭帯と、前後の十字靭帯というゴムバンドで膝を強固に固定しているのです。このバンドである靭帯が伸びきったり、一部が断裂したり、全部が断裂したりするといわゆる膝崩れ、医学的には動揺関節といった状態になります。膝が十分に固定されずガクガクした状態になるのです。
内側側副靭帯損傷は、靭帯損傷の中でも最も多発するもので、交通事故などで膝の外側から膝に対して大きな衝撃がかかったときに生じます。交通事故以外でも、ラグビー、サッカー、相撲などさまざまなスポーツでも発症することが知られています。極めてメジャーな損傷であると言うことが出来ます。かつて浦和レッズの早川知伸さんは、左膝内側側副靭帯を断裂しました。

内側側副靭帯損傷(MCL損傷)の症状について

側副靭帯は膝の内側と外側にあり、それぞれ内側側副靭帯、外側側副靭帯というのですが、交通事故でも、スキー・サッカー・相撲でも圧倒的に多いのは、内側側副靭帯の損傷の方です。この内側側副靭帯損傷はMCL損傷とも言われています。限界を超えて膝が外側に押し出されたり外側に向けて捻ったりすると、この内側側副靭帯、すなわちMCLが切れてしまうのです。この内側側副靭帯損傷によって、膝関節内は出血し、ポンポンに腫れてしまい、強烈な痛みが走ります。自動車のアクセルも踏めない状態です。 

内側側副靭帯損傷(MCL損傷)の診断法について

内側側副靭帯損傷(MCL損傷)の診断方法は大きく分けて2つあります。
①外反動揺性テスト
膝をまっすぐに伸ばした状態で脛骨を外側に反らしたときに膝がぐらつくことで診断します。
さらに損傷の程度を知るために、単純レントゲン、CTスキャン、関節造影、MRI等の検査を実施します。 中でもMRIがとても有効です。
②ストレスレントゲンテスト
脛骨を外側に押し出し、ストレス(圧迫)をかけた状態でレントゲン撮影を行います。断裂がある場合、脛骨が外側に押し出されて写ります。

内側側副靭帯損傷(MCL損傷)の治療について

MCLだけの単独損傷であれば、痛みやぐらつきも少なく、手術に至ることはありません。保存療法を行います。しかし時に合併症としてACL、後十字靱帯(PCL)損傷や、内側(外側)半月板損傷を合併します。ACL+MCL+内側半月板の損傷合併例をアンハッピートライアルズ(不幸の三徴)ともいいます。

わかば接骨院でも交通事故治療は可能です。
詳細はコチラをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

2015年7月14日 火曜日

交通事故による足関節捻挫について 大府市のわかば接骨院へ

足関節捻挫とは

足関節は下腿の脛骨・腓骨と足首周辺の7つの足根骨とそれらをしっかりと固定する7つの靭帯で構成されています。捻挫とは、交通事故などによって関節にかかる外力により、関節を固定している靭帯や関節包が損傷することです。足関節をひねることによっても生じます。足関節では、数ある靭帯の中でも前距腓靱帯が損傷されることが最も多い病態です。

足関節捻挫の程度

足関節捻挫の程度は、次の。1度から3度の3段階に分類することが出来ます。症状の度合いによって、治療法などが変わってきます。
① 1度:前距腓・踵腓靭帯がいくらか伸ばされたもの。軽度の圧痛があります。いわゆるちょっとひねった程度のものです。歩行や軽い走行も可能な状態のものをさします。スポーツの場合、当日から2~3日で競技復帰が可能な状態です。
② 2度:前距腓・踵腓靭帯の一部が切れたもの(部分断裂)。圧痛が強い。歩くことはできますが走れないくらいのものです。装具やテーピング、副木固定が必要です。念のため整形外科を受診することが必要です。競技復帰まで2~3週間を要します。
③ 3度:完全な前距腓・踵腓靱帯断裂(完全断裂)で圧痛、腫脹、熱感、皮下出血が強く、自分で歩くのがやっとの状態をさします。競技復帰まで1~2ヵ月を要します。ギプスや装具による強固な固定、もしくは断裂靱帯の縫合手術を必要とするため、医療機関の受診が必須となってきます。

足関節捻挫の診断と治療

足をひねったという訴えがあり、外くるぶし(外果)の前や下に圧痛(押すと痛む)があり、腫れがあるという条件があれば、診断がつきます。
またさらに、X線(レントゲン)写真で、骨折の有無を確認します。靱帯損傷が高度の場合には、ストレスをかけてX線写真を撮影します。靭帯が断裂していると、足関節の傾きがはっきりとわかります。
治療は、1度の場合、治療の基本であるRICE療法を行います。RICE療法とは、
Rest=患部の安静
Ice=患部を冷やす
Compression=患部の圧迫
Elevation=患部を心臓よりも高い位置にあげる
の4つの治療の頭文字をとった治療法です。
2度の場合、前述したようにテーピングなどで患部を数週間固定します。
3度の靭帯の完全断裂の場合、靭帯縫合手術が行われることがあります。
いずれにせよ、リハビリはとても重要になってきます。自己診断は避け、医療機関を受診しましょう。

わかば接骨院でも交通事故治療は可能です。
詳細はコチラをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ