わかば接骨院通信

2015年8月31日 月曜日

歩行者の事故について 大府市共和駅前のわかば接骨院

減らない歩行者事故


近年、交通ルール・マナーの徹底や取り締まりの強化、車の安全設計など官民双方の事故防止への取り組みが功を奏し、「交通安全白書」(平成27年度)によれば人身事故の発生件数は減少傾向にあります。

しかし、自動車・原付運転中の事故による死傷者数が大きく減っているのに対し、自転車運転中・歩行中の減少率が低く、これらの事故が問題となっています。


事故を防ぐため交通ルールの確認を


歩行者が自動車・原付・自転車との事故に遭った場合、「優者危険負担の原則」により過失割合は歩行者に有利となることがほとんどです。

とはいえ、車両に注意を払う義務のない場所(歩道、歩行者専用道路等)ではなく、車の前後からの横断や飛び出しといったルール違反があった場合は、歩行者側にもある程度の過失が認められます。


歩行者、特に免許を持たない人は交通ルールを知る機会が少なく、つい軽視しがちですが、己の身を守るためにもルール順守を心掛けましょう。

なお歩行中の事故は、車両のドライバーに発見されづらい夕方から夜間に多く起きているため、明るい色の服・ライト・反射材等を着用するのも有効です。


歩行者の損害を補償してくれる保険


次に、事故に遭った場合に受けられる補償についてです。

自動車保険の人身傷害補償保険(人身傷害保険)は、歩行中の事故で発生した治療費・休業損害等の被害に対し、契約した金額の範囲内で補償します。

自分の過失分だけでなく、加害者側の過失として賠償請求する分もいったん保険会社が立て替えるため、保険金額が無制限であれば過失割合や示談に関係なくスピーディに補償してもらうことができ、急な出費を補填できるのがメリットです。

ただし、契約内容によっては歩行者を対象としていなかったり、歩行中の事故の補償ありでも相手が自動車の場合に限定されていたりしますので、約款をよく確認しておく必要があります。


事故後の治療と手続き


生身である歩行中は、たとえ相手が急ブレーキで減速していたとしても、重い金属の塊である車両とぶつかる衝撃によりダメージを負いやすいと言えます。

このため、医療機関による入念な検査と治療が不可欠ですが、それに加えて上記の保険金受け取りや加害者側との交渉など、様々な手続きも併せて行わなければならず、法的な知識も必要となります。


わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

交通事故治療の詳細はコチラをご覧ください。



投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

2015年8月29日 土曜日

追突事故の予防と対策 大府市のわかば接骨院

交通事故は追突が最も多い


交通事故のうち、最も大きな割合を占めているのが追突事故です。

警察庁によれば、平成26年度に起きた約57万件の交通事故のうち、20万件以上が追突との統計が出ています。


むち打ちを発症しやすい追突事故


交通事故総合分析センター(イタルダ)の調査では、乗用車同士の追突事故ではほとんどの場合、「追突側が無傷、被追突側が軽傷」となっています。

これは、追突側はぶつかる瞬間に筋肉が反射的に緊張し、首への衝撃を軽減できるのに対し、被追突側は視界の外から突然衝撃を受けるため、無防備にダメージを受けやすいことが原因と考えられます。

以上の理由から、追突事故の被害を無傷に抑えることは難しいため、追突されにくくすることと、もしもの時の適切な対処が重要となります。


追突事故防止のために


追突を防ぐには、早めのブレーキによるブレーキランプ点灯やウィンカーで後続車のドライバーへ視覚的に伝える、渋滞による停止時にはハザードランプをつけるといった方法があります。

イタルダの調査によれば、信号のない単路ではドライバーの心理として「先行車が減速・停止・右左折することはない」と思い込みがちなため、早めのランプ点灯により注意を促す効果は大きいと言えます。

また、無理な割り込みは車間距離が詰まりやすい上、後続のドライバーに不快感を与えて無謀運転を誘発する危険性があるので絶対にやめましょう。



追突によるけがを最小限にする


シートベルトやヘッドレストを正しく使用することで、けがの軽減が見込めます。

肩ベルトは「鎖骨の中央から肋骨、胸骨を通るように着用」(JAF)するのが望ましく、被追突時の衝撃で前のめりになった際に首が絞まることのないよう、肩ベルトが首にかからない位置を心掛けましょう。

また、座り方が浅くて下半身が前へ出ている状態だと、腰ベルトが腹部にかかり事故時の内臓への負担が大きいため、座る際は深く腰掛け、腰ベルトが骨盤に沿うようにします。

加えてヘッドレストは、前のめりになった後の反動で首が後ろへ反り返るのを防げるよう、後頭部に当たる高さに合わせておきます。


なお、被追突側のけがはむち打ち(頸椎捻挫等)が大半です。

むち打ちは事故から数日後に発症するケースが多く、レントゲンに映らないすじや筋肉等のけがが原因であるため、経験のある医療機関による診察・治療が必要です。


わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

交通事故治療の詳細はコチラをご覧ください。







投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

2015年8月20日 木曜日

交通事故での手の痺れ!原因と治療 大府市のわかば接骨院

 交通事故で手の痺れがどのように起こるのか

警察庁資料によると平成24年中の交通事故死傷者数4,411人、死傷者数829.807人、死傷事故件数665,138件で、これは前年比で交通事故死傷者数は-252人、-3.9%、死傷者数は-29.466人、-3.4%、死傷事故件数は-26,918件、-3.9%となり、連続して減少していますが、近年下げ止まりの傾向となっています。

交通事故が原因で体調の不良を訴える方も多く痺れもその中の一つです。


何故交通事故によって手の痺れが起きてしまうのでしょうか?

手の神経は手の中にある手根管というトンネルの中を通っており、この手根管は手関節部にある手根骨と横手根靱帯で囲まれています。

事故による骨折や脱臼といったケガでこの中を通る正中神経が圧迫されると疼痛・痺れ・麻痺が発生してしまうためです。

また、症状は事故後すぐには現れないことがあり翌日か長くて一週間程後から現れることが多いです。


どこで相談し どこで治療を受ければ良いのか

交通事故専門の治療をしている接骨院で相談し治療を受けましょう。

身体を正常に戻す働きを促す治療やカウンセリングを行う接骨院も多くあります。

交通事故による体調不良・怪我・痺れなどなんらかの異常がある場合は早めに治療を受ける事が大切です。

病院でもなかなか治っている実感が得られない方には特に接骨院への受診をお勧めします。


わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

交通事故治療の詳細はコチラをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

2015年8月19日 水曜日

交通事故にあった時の対処について 大府市のわかば接骨院


交通事故に遭ってしまった場合のことを普段から想定して、何をするべきかを知っておけば、いざという時にパニックに陥らずに済みます。

そういう時のために、対処法はどうしたら良いでしょうか?

1. 負傷者を救護する
すぐに119番に通報します。

2. 警察へ事故の届出をする
人身事故・物損事故に関わらず必ず警察に報告する義務があります。特に単独事故は"相手がいないから大丈夫"という理由で報告を怠る人もいますが、警察に届け出を出して「交通事故証明書」を発行してもらわないと修理等の保険金も出ませんし、相手がある場合は後日の示談交渉にも支障が生じます。

3. 相手の連絡先情報を確認する
交通事故の際は、相手方の情報をきちんと確認しましょう。特にあなたが被害者のときは忘れずに確認しなければなりません。

免許証・車検証・名刺などを見せてもらい、加入している保険会社なども確認するようにします。

確認すべき内容は以下のようなものです。

 ・加害者の住所・氏名・連絡先

 ・加害者が加入している自賠責保険と任意保険

 ・自動車保険の会社名・証明書番号

 ・加害車両の登録ナンバー(陸運局で所有者確認)

 ・加害者の勤務先と、雇主の住所・氏名・連絡先


4. 目撃者を確保する

たとえば、事故現場の近所の人や通行人などです。

第三者の証言は示談交渉などで必要となることがあるからです。

事故の状況が複雑なときは、後日証人として確認が必要となる場合があります。


5. 事故現場の保存をする

事故状況の言い分でお互いに食い違いが生じることで、過失割合が変わってしまい揉めることがあります。

このようなケースに備えて、事故直後の現場状況を記録に残して、あとで検証できるようにしておきましょう。


6. 自分でも記録を取る
時間が経つと人の記憶は薄れて変わってしまったり、忘れたりすることがあります。

これを防ぐため、事故の記憶が鮮明なうちに事故状況を簡単な図や文章にして記録したり、治療期間中の経過を日記や写真などで残しておくことも大切です。


7. 保険会社に通知する
車を所有している人の多くは任意保険 に加入しています。

そして、一般的に加入者は、事故が起きたら保険会社への通知をしなければなりません。

自分が被害者で、加害者が保険会社へ報告をしていないときは、被害者から加害者の加入している保険会社に連絡しても構いません。


8. 医師の診断を受ける
大した怪我でなくても後になってから重い怪我になることがあります。

なので、交通事故に遭ったときには自己判断はせずに、必ず病院で診てもらうことが大切です。

診察を受けたときは治療費の領収書を保管することも忘れずに!あとで治療費や慰謝料などを請求する際に必要となります。


事故にあった時の対処については以上です。

上の 8つのポイントを押さえておくと安心です。


わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

交通事故治療の詳細はコチラをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

2015年8月 8日 土曜日

交通事故の腰痛治療 大府市共和駅前のわかば接骨院

交通事故と腰痛

交通事故の腰痛は、外部からの急激な力により骨盤が歪んで発生します。

背骨は、骨盤の上にのっていて筋肉が支えています。

背骨を支えている筋肉に、負担がかかると血液の循環が悪化し、筋肉が硬直化しコリが感じられます。

腰椎にかかる負荷が強くなると、神経を圧迫してしびれが起きてしまいます。

腰痛の治療をせずに放置すると、日常生活の無意識な動作の繰り返しで、背骨に過度な負担がかかり骨盤が歪んで症状が悪化してしまいます。

それは、骨盤の脊椎配列が改善されていないことにより事故後に再発や後遺症として残ります。

腰痛による痛みがあると、仕事や日常生活にも支障が出て、精神的にも辛い思いをする事態に追い込まれます。

交通事故によって、椎間板ヘルニアが再発することもあります。

椎間板ヘルニアとは、衝撃などによって変形した椎間板が後側に突起し神経を圧迫して腰や脚に痺れや麻痺等の神経症状を引き起こすことを言います。



腰痛の治療方法

1. 電気治療
腰痛の場合は、腰から背中にかけての患部と周辺に電気を充て腰と周辺の筋肉をほぐしていきます。

筋肉やスジの血行促進の効果もあります。


2. けん引療法
骨盤の歪みや、椎間板ヘルニアの治療方法の一つに、骨盤を引っ張って余裕を作って痛みを和らげるけん引療法もあります。


3. マッサージ
手によるマッサージの治療では、重い痛みには手のひら全体や、指の腹でツボの部分を「なでる」とか、ツボの部分を手で密着させてこするように「もむ」のが効果的で、繰り返しおこる痛みにはツボに親指の腹をあて圧を加える「圧す」のが効果的です。 


4. 湿布
湿布には、温湿布と冷湿布とがあり、腰の症状によってどの湿布を使用するか対応も変わってきます。

炎症が出ている場合は炎症が治まるまで冷やし、炎症が落ち着いたら、温めるのが回復に効果的です。


また、温湿布の代わりにタオルを熱湯につけたり、電子レンジで温めて患部を温める方法もあります。

また、カイロも患部を温めるのには効果がありますが、やけどに注意する必要があるため衣服の間にいれるとかしたほうがいいでしょう。

逆に冷やすときは、ビニール袋に氷を5~6個入れて患部に当てたり、市販のアイスパックをタオルの上に敷き10分~20分間冷やしてから軽くマッサージするのも効果があります。



交通事故での腰痛は早期治療が一番です。

後遺症になる前に整形外科と接骨院を受診しましょう。


わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

交通事故治療の詳細はコチラをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ