わかば接骨院通信

2015年11月25日 水曜日

自転車による交通事故 東海市近郊、共和駅前のわかば接骨院

昨今増えている自転車事故

交通事故で接骨院に通う人は、必ずしも自動車による事故が原因とは限りません。

ここ数年増えているのは、自転車での事故で、実に交通事故の2割を自転車事故が占めています。

事故が特に増えるのは年末年始、ゴールデンウイーク、夏休みなどの大型連休のときと言われています。

長い連休で気が抜けてしまうのかもしれません。

また年齢別にみると未成年者と高齢者で過半数を占めており、この年代の人が自転車に乗る機会が多いからと考えられます。

内容は自動車との事故が8割以上で、自転車側の急な進路変更や一時不停止などが原因の多くです。

大けがにつながる可能性もあるので、自動車・自転車どちらに乗るにしても注意して運転したいものです。



実際にあった交通事故の事例

小学5年生の男の子が乗るマウンテンバイクが、時速10~30キロくらいで走っていて、67歳の散歩中の女性にぶつかりました。

女性は飛ばされ頭を強打したため入院することになり、女性の家族は入院費と通院費を少年の家族に求めました。

また少年自身も打撲で通院することになりました。

一般に自転車事故でも刑事責任と民事責任が問われますが、上記の場合は加害者が13歳以下だったので刑事責任は問われず、民事的な損害賠償が問われました。

このように長期の入院が見込まれる場合や、あるいは障害が残った場合は一生涯かかる費用の負担が加害者側にのしかかってきます。


次の事例です。

11歳の男子小学生が夜間、帰宅途中に自転車で走行中、62歳の歩行中の女性と正面衝突しました。

女性は頭蓋骨骨折等の傷害を負い、意識が戻らない状態となってしまいました。

この事例は裁判となり、約9500万円もの賠償命令が下されています。

自転車も軽車両であり、事故を起こした際は重い責任を課せられることを忘れてはいけません。



事故を未然に防ぐために

自動車には強制加入の自賠責保険がありますが、自転車にはありません。

ですが、個人賠償責任保険などの任意保険がありますから、念のため入っておくのも一つの手立てでしょう。

また自転車に乗っている時は携帯電話を使わない、イヤホンで音楽を聞かない、傘をさしながらの運転はしないなども重要です。

わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

こちらの交通事故治療の詳細をご覧ください

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

2015年11月10日 火曜日

事故の後遺症で1年以上経過している時に 大府市わかば接骨院

後遺症はすぐには分からない

交通事故の後遺症では、2年、3年経ってから発症するものや、雨の日や冬の寒い時期になると出るなどいろいろな症状で苦しんでいる方が大勢います。

その原因が初期の段階で症状を軽く見たために十分に治療をしなかったり、レントゲンに写らなかったために背骨や関節のゆがみに気づかず適切に治療しなかったことで起こることも多く見られます。


症状固定とは?

交通事故が原因のむち打ちなどで一定の期間治療を続けていると、保険会社から「症状固定のため、、、、」と言われる事があります。

これは賠償機関の打ち切りを意味しますが、"症状固定"とは、主治医が『症状の回復・改善が望めなくなった状態』と診断をするものなので、焦らずまずは医師に相談をしてみましょう。

また医師が"症状固定"と診断した場合でもまだ症状が残っていたらその旨をしっかり医師に伝える事も重要です。



症状固定と診断されたら?

"症状固定"と診断されて治療費の支払いが打ち切りされた場合でも、次に"後遺障害認定"という方法があります。

これは、『交通事故でケガを負い治療をしたにも関わらずに残った症状』、が一定要件を満たした場合、それを"後遺障害"として等級認定することが出来れば、損害賠償を請求することも可能というものです。

認定には3つの方法があり、

加害者の保険会社に手続きを依頼する方法である事前認定、

被害者自身で手続きを行う方法である被害者請求、

行政書士等や法律事務所に手続きを依頼する方法とあり、

それぞれ手間や費用等でメリット・デメリットがあるため違いをよく調べてから判断する必要があります。

後遺障害の慰謝料は等級によって金額が変わります。

そのため、実際よりも軽く認定されるような事がないように十分注意して行いましょう。

整形外科や病院のレントゲン検査で異常がないと言われても、まだ痛みや違和感が残っている場合には適切な治療を受けることが重要です。

交通事故に遭われた方の中には、適切に治療を受けたとしても、後々後遺症に苦しんでいる方もいます。

しかし問題なのは、適切に治療を受けてさえいれば後遺症を残さずに済んでいたであろう方も少なからずいるということです。

特にムチ打ち症などでは、整形外科や病院のレントゲン検査を行っても骨に異常はないことが多く、筋肉や関節の歪みなどの問題は見過ごされてしまうケースが非常に多いため注意が必要です。

後遺症を残さないようにしっかり治療することが大事です。

わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

こちらの交通事故医療の詳細をご覧ください

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

2015年11月 9日 月曜日

夕方の交通事故防止と治療 東海市近郊、共和駅前のわかば接骨院

事故の多い時間帯

交通事故総合分析センターの調査によれば、1日における交通事故のピークは朝7~9時台と、夕方の16~19時台の2つがあります。

前者は通勤・通学時間、後者は帰宅時間による交通量の多さが最大の原因ですが、夕方については暗さによる見落としも一因となっています。



夕方は視力が低下しやすい

人によっては、夕方になると視界がぼやけたり眼鏡・コンタクトが合わなくなったりと、一時的な視力低下を感じることがあります。

これは仮性近視(俗に言う夕方近視)と呼ばれ、近くの物を見続けていると、目のピントを合わせる毛様体筋が緊張したままとなり、疲れて調節機能が衰えることで起こります。

目の周辺の筋肉をほぐす、眼球を回す、温熱療法等で血行を良くすれば改善が見込めるため、PC・スマホ等を長時間使用する人は意識すると良いでしょう。



被視認性を高めて身を守る

夕暮れ時は徐々に暗くなっていく景色に目が慣れておらず、他者を認識しづらくなるので、ドライバーが相手に気付かず高い速度のまま衝突してしまう重大事故に繋がる傾向があります。

警視庁では早めの点灯を呼びかけており、ライトはこちらから見やすくするだけでなく、被視認性を高める目的もあります。

万が一、追突等のもらい事故に遭ったとしても、相手が早めに気付いてブレーキをかけることが出来れば比較的軽いけがで済み、適切な治療によって完治できる可能性が高まります。

わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

こちらの交通事故治療の詳細をご覧ください

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

2015年11月 9日 月曜日

交通事故による背中などの痛み 大府市のわかば接骨院

交通事故によって起こる腰痛や背中の痛み

交通事故による後遺症として、腰痛や背中などの痛みがのこる場合があります。

これらは頚椎捻挫、いわゆるむちうち症の症状の一環として現れます。

交通事故に遭い、むち打ち症になる人は53%くらいといわれています。

またぎっくり腰になる人も多いです。

さらには椎間板ヘルニアを発症する人もいます。バレリュー症候群という診断をされることもあります。
このような理由で、激しい腰痛や背中の痛みなどが引き起こされます。

これらの痛みは、事故直後に自覚されることはあまりなく、事故後2~3日経ってから自覚されてくることが多いのも特徴の一つであり、気を付けるべき点の一つです。

事故直後は精神的ショックで興奮状態にあるので痛みがあまり自覚されないことや、日を追うごとに靭帯や筋肉の損傷、骨のゆがみも増してくると言うことが背景に考えられます。



腰痛や背中の痛みなどの治療法について

実際にどのような治療法が行われているかと言うと、接骨院や整形外科、整体院によってさまざまですが、一つには自律神経を調整する整体の方法があります。

これは交通事故の影響で交感神経が優位に立つ自律神経失調症があらわれている場合、患部を見るだけではなく体全体を診察し、タッピング(問題のある個所を軽くたたく)や交感神経の細胞が多く集まっている腹部へのアプローチ、頭蓋骨の調整などにより、副交感神経と交感神経とのバランスを保つようにする施術です。

その他、上部頚椎のゆがみを調整するなどがあります。

整形外科の方の治療法としては、筋組織のリラクゼーション、ストレッチング、牽引などの運動療法のほか、赤外線・低周波・マイクロ波などの物理的療法を行います。

物理的療法は血行改善などに有効です。そのほか、局所麻酔注射や神経ブロック注射などを行うこともあります。注射は痛いものですが、一瞬の痛みでその後の長くつらい痛みがなくなることを天秤にかければ、注射という選択肢も有益な手段といえるでしょう。



精神的なケアも大切

交通事故のショックによって、不眠やうつ病、パニック障害などを引き起こすことも少なくありません。
このような場合、一時的に抗精神薬などを処方されることもあります。

心の病気も体の症状となってあらわれます。心の病気が体の症状を悪循環させてしまいます。
ためらわずに医師の診察を受け、適切な処方を受けましょう。

わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

こちらの交通事故治療の詳細をご覧ください

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

2015年11月 9日 月曜日

車の整理整頓による交通事故防止と被害軽減 大府市わかば接骨院

事故の予防策としての車内整頓

自動車事故防止のため、どのようなことに気を付けていますか?

愛車の整備・点検や、運転中の交通ルール順守、マナーの向上はもちろん重要ですが、車内を整頓・清掃することも不慮の事故防止や被害軽減に大きな効果があります。


荷物やゴミを放置することの危険性

座席やダッシュボードの上に買い物袋・ペットボトル・ゴミなどを置いたままにしていると、カーブでの遠心力やブレーキ時の慣性で動いてしまい、気を取られて脇見運転に繋がったり、足元に転がり込みペダル操作の邪魔になったりする可能性があります。

また、重い荷物の場合、衝突の際は慣性によってぶつかる直前と同じ速度で飛んでくるため非常に危険です。

それらを防ぐため、小物であればグローブボックスやアームレスト等の引き出しにしまい、大きめの荷物はトランクに入れておくようにします。

荷物がトランクに入らなければ、空いている席のシートベルトで固定しておくと良いでしょう。



汚れを取り除いて心身共に集中できる車内に

こまめに掃除機やエアーブローをかけ、車内にホコリを溜めないようにすれば体調を崩しにくくなり、さわやかな気分で運転できるため集中しやすく、事故のリスクを下げられます。

土足で乗り降りするフロアマットは特に汚れやすいところです。

フロアマットを車外へ持ち出して布団たたきで強くはたくのが効果的で、泥などがこびりついているようであれば洗剤とブラシを使って洗います。

可能であれば高圧洗浄も有効です。洗剤を使ったら水洗いの後、1~2日ほど天日干しをします。洗剤が残っていたり、湿ったまま車内へ持ち込んだりすると雑菌やカビが繁殖しやすいので、泡が出なくなるまでよくすすぎ、完全に乾かすようにしましょう。

その他、エアコンの吹き出し口も濡れタオルや綿棒でふき取ります。

異臭がする場合、フィルタ・エバポレータ・吸気口などが汚れている可能性もあるため、フィルタ交換や業者への清掃依頼も考慮した方がいいでしょう。



予防+善後策でより万全に

以上のように、普段からマメな清掃・整頓を心掛けることで、事故を起こしにくくしたり、あるいは被害を小さくしたりする効果が期待できます。

加えて、万一の場合には信頼できる医療機関による診療と、事故の相手や保険会社との煩雑な相談・手続きにあたり弁護士等の支援を受けることができれば、安心して治療に集中して頂けるでしょう。

わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

こちらの交通事故治療の詳細をご覧ください

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

カレンダー

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ