わかば接骨院通信

2015年12月29日 火曜日

高齢者が加害者になる事故 東海市の交通事故治療は当院へ

高齢者が加害者になる場合


近年、高齢者が加害者になるケースの交通事故が増加傾向にあり、過去10年間で1.3倍に増えています。

高齢者が加害者となる事故は被害が大きくなることが多く、死亡事故も頻繁に起きています。

高齢者の事故の原因は大きく分けて3つあります。


ひとつめは高齢者ドライバーの運転操作ミスです。

アクセルとブレーキの踏み間違え、ハンドル操作間違いなどのミスのことです。


ふたつめは、加齢に伴う身体機能の低下です。

本人が自覚していなくても、視力が低下する、視野が狭くなる、集中力がなくなるといった様々な機能が落ちていきます。


そして原因の3つ目は、長年運転をしてきたことによる運転技術への過度な自信、慢心です。

自分の運転に過剰な自信を持ってしまい、緊張感が不足して事故を起こしてしまうのです。


事故を防ぐためには


高齢者による交通事故を防ぐためにはどうしたらよいのでしょうか。

高齢者が自分の身体機能や運転に自信がなくなり、運転を辞めようと思った時、免許の自主返納が可能です。

運転技能に不安があったり、家族から心配されるようになったら、免許の自主返納を検討しても良いのかもしれません。

また、高齢運転者向けの交通安全講習や実技研修、運転適性検査を受けることもできます。

これらを利用して、車の運転を見つめ直すことで、事故の防止につなげていけるのではないでしょうか。


万が一事故を起こしてしまった場合に備えて、信頼のおける医療機関のチェックと保険の内容を再確認しておくことも必要です。


わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

交通事故治療の詳細はこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

2015年12月28日 月曜日

子供の交通事故防止 大府市の交通事故治療は当院へ

子供の交通事故が起きやすい状況とは


子供の交通事故は昔に比べると徐々に減少しています。

しかし、事故によって死亡する子供の割合は増えており、依然痛ましい事故は後を絶ちません。


警視庁の発表では、子供を小学校に上がる前、小学生、中学生に分類したところ、もっとも交通事故にあっているのは小学生となっています。


なかでも女子に比べて男子の方が高確率で交通事故にあっています。さらに、歩行中と自転車運転中では自転車運転中の方が事故にあいやすいという調査結果が出ています。

また時間帯では、午後2時~6時ごろの夕方に事故が多く、交差点や自宅近くで事故にあう確率が高いようです。


子供に事故の怖さを教えておく


子供には普段から交通事故の怖さを教えておきましょう。

もちろん横断歩道での左右の確認を徹底させたり、自転車に乗る時は必ずヘルメットをかぶらせるといった基本的なしつけも必要ですが、事故の恐ろしさを知っておくことによって、子供自身が事故にあわないように身を守れることが何よりも大切です。


子供を事故から守るためにできること


子供は大人に比べて体が小さく、予測不可能な動きをすることもあるため、車の運転手からは視認しにくい存在です。

急な飛び出しの際、運転手に気づいてもらえるように、明るい色の自転車を選んだり、蛍光シールを自転車に貼って夜間も見えるようにするなどといった工夫をしましょう。

少しでも早く運転手が子供の存在に気づくことで、事故は減らしていくことができます。


わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

交通事故治療の詳細はこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

2015年12月25日 金曜日

交通事故後の幻覚や幻聴 東海市近郊共和駅前わかば接骨院

交通事故後に発症する幻覚や幻聴


交通事故の被害に遭った人で、事故後に幻聴が聞こえたり、幻覚が見えるといった症状を訴える人がいます。

幻覚や幻聴の原因の多くが、事故に遭ったことによる精神的ショックによるものです。


『ふとした瞬間に事故の瞬間や光景がフラッシュバックする』
『誰かの叫び声が聞こえる』


といった事故に関する内容が多いです。

通常、事故から時間が経つにつれてこのような症状は治まっていきます。

しかし、ショックが大きすぎた場合には症状が悪化し、長期にわたって苦しむことになる場合も少なくありません。


周囲のケアが大切


幻覚や幻聴の症状が出た場合は速やかに専門の医療機関を受診して、適切な治療を受けることが大切ですが、このような症状はなかなか自分からは言い出しにくいものです。

無理に我慢をしてしまい、うつ病やパニック障害に繋がってしまうこともあります。

交通事故にあって間もない人は特に幻覚や幻聴の症状が出やすい状態です。

周囲の人が気を配り、事故前と比べておかしな言動や行動が目立つようであれば、医師の診察を勧めましょう。


交通事故後遺障害の認定


交通事故がきっかけで幻聴や幻覚の症状が現れた場合、後遺障害として認定される可能性があります。
認定されるためには二つのポイントがあります。


ひとつめはその症状と交通事故に因果関係があるかという点で、事故の内容や発症時期などの観点から判断されることになります。


もうひとつは定められた認定基準を満たしているかどうかです。

精神状態と普段の生活における能力で判断されます。しかしながら、幻聴や幻覚といった症状は他人では判断が難しく、明確な基準があるわけではないので、認定が難しいというのが現状です。


わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

交通事故治療の詳細はこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

2015年12月23日 水曜日

駐車場での交通事故 東海市近郊のむちうち治療は当院へ

駐車場に潜む危険


駐車場での事故は意外と多く、子供やお年寄りが巻き込まれることも多いので、危険な場所です。

駐車場には、歩道や信号も無く、一般の道路とは違った危険があります。

たくさんの車が密接して駐車してあるので、死角が多いのです。

車の陰から子供が突然飛び出してしまうことも考えられます。

また運転手はスピードもあまり出せないため、それほどの危険はないだろうと緊張感が緩んでしまいがちです。

さらに、駐車場ではバックで車を移動しなければいけない場面があります。

バックの運転は、後方に集中するあまり左右や前方への注意が散漫になりがちです。

特に駐車が苦手な人は、余計に焦ってしまい危険が増加します。


駐車場での危険を回避するためには


まず、駐車場では絶対にスピードを出さないことが大切です。

駐車場を走行する時は人の歩くスピードと同じ、時速4キロ程度で運転しましょう。

スピードを落とせば周りの景色もしっかりと確認できます。

周囲の状況をよく見て、歩行者が歩いていないか確認しましょう。

また、屋根のある駐車場では、ヘッドライトを点けることも事故の防止に効果的です。

薄暗い駐車場では歩行者を視認するとともに、歩行者側にも車が近づいて来ていることを早めに知らせることで、お互いに危険を避けることができます。

駐車する際の注意点としては、駐車マナーの悪い車の近くには車を停めないことです。

駐車用のラインを越えて駐車していたり、車体が極端に斜めになっている車は接触する危険が高くなるので出来るだけ近づかない方がよいでしょう。

普段から意識しておくことで、事故に遭ったとしても被害は最小限で済み、適切な治療を受ければ完治する可能性が十分にあります。


わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

交通事故治療の詳細はこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

2015年12月15日 火曜日

交通事故を起こした時の同乗者だった場合 大府市わかば接骨院

事故現場で同乗者としてでやるべきこと


自分が運転していた場合じゃなくても、同乗者として交通事故の現場に居合わせてしまうことがあります。

交通事故が起きる時、運転手はとっさに自分の身を守るために急ブレーキをかけたり、ハンドルを変な方向にきってしまいます。

同乗者は不意を突かれるので、身構えることもできず、場合によっては運転手よりも被害が大きいこともあります。

同乗者として事故に巻き込まれてしまった場合、まずは自分の身体の状態を確認しましょう。


大きな怪我が無く、体を自由に動かせる状態であれば、負傷者の救護をします。

自損事故であれば運転手や他の同乗者の状態、相手がいる事故の場合は相手の状態を確認し、必要に応じて救急車を呼びましょう。


さらに、事故を起こした場合は必ず警察に届けなければいけません。

基本的に届け出の義務は運転手にありますが、運転手が負傷して動けない場合などは同乗者が報告を行ってください。


同乗者に保険はどこまで適用されるのか


事故にあったら、必ず保険会社へ連絡しましょう。

同乗者は、相手がいる事故に巻き込まれた場合、同乗していた車の運転手と相手方の運転手の双方の加入している自賠責保険を請求する事ができます。

また、自損事故だった場合でも運転手の加入している自賠責保険への請求ができます。

ただし、任意保険に関しては運転手と同乗者との関係が親子、夫婦だった場合には保険の適用外となる場合がありますので注意が必要です。

保険への請求が可能か否かは、運転手が加入している保険の種類や契約内容によって変わってくるので、状況に応じて専門家の指示を仰ぐ必要も出てきます。


医療機関で受診する


交通事故にあった後、少しでも身体に違和感や不調があれば迷わず医療機関で受診して下さい。

同乗者は自賠責保険によって事故にかかわる医療機関の受診ができます。

交通事故の場合、最初は精神的にも動揺しているので、あまり痛みを感じずに、放置する人が多いです。

しかし、違和感をそのままにしておくと次第に痛みが強くなり、どんどん重症化していったり、長期間にわたって痛みに悩まされることもあります。

できるだけ、事故から時間を空けずに早めに医療機関を受診して下さい。


接骨院の受診とむち打ちについて


交通事故の保険は、接骨院での治療にも適用されます。

交通事故後の症状として非常に多いのがむち打ちです。

むち打ちは整形外科を受診しても、レントゲンに骨の異常が無いため、見過ごされてしまい、適切な治療を受けられない場合があります。

また、事故当初はあまり症状が無く、時間が経ってからひどくなることもあります。


そのまま放置してしまったために、長年にわたって痛みやめまい、頭痛などに苦しむことも少なくありません。

大切なのは適切な治療を受けて、事故後の不安を取り除き、出来るだけ早く普通の生活が送れるようになることです。


わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

こちらの交通事故治療の詳細をご覧ください。 

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ