わかば接骨院通信

2016年1月31日 日曜日

単独で起こした事故 東海市近郊共和駅前わかば接骨院

単独事故の危険性

交通事故と聞くとクルマ対クルマやクルマ対二輪車のような相手がいる状況を想像してしまいますが、単独で起こす事故もあります。

単独事故とは、自動車の運転中に建物の壁に接触したり、高いところから転落したりする事故のことです。

交通事故全体で比較すると、単独事故の発生件数自体は車対車の事故に比べて多いわけではありません。

しかし、大けがや死亡事故などの重大な事故に繋がる割合が高い事が単独事故の特徴として挙げられます。

単独事故での死亡率は、全体の2割程度とかなり高い割合を占めています。



単独事故の原因

単独事故の原因は以下のようなものがあります。

①ケアレスミス

単独事故の原因は単純な運転操作ミスが大半を占めています。

運転中に携帯電話を触ったり、同乗者としゃべったりして少し目を離したときに事故が起こります。

「ちょっとくらいならいいか」「一瞬だから大丈夫」といった気の緩みがいちばん危険なのです。


②アクセルとブレーキの踏み間違え

アクセルとブレーキの踏み間違えが原因の事故は報道によって、高齢者が起こしやすいと思われがちです。

しかし年代別の発生件数に大きな差はなく、年齢に関係なく起こりうる事故だと考えられます。

コンビニの駐車場から出ようとしてアクセルとブレーキを間違えて踏み込んでしまい、コンビニの店舗に激突してしまう事例が後を絶ちません。

また、バックで運転中にアクセルとブレーキを踏み間違えて人をひいてしまうといった悲惨な事故も起きています。

落ち着いて運転操作をすれば防げる事故であるにもかかわらず、不注意や焦りなどから踏み間違えを何度も繰り返す人もいます。


③距離感の見誤り

狭い道路を走行する時に「これくらいなら行けるはず」と思い込んで無理やり通行し、壁や電柱をこすってしまう事故があります。

経験の浅いドライバーに多い事故ですが、運転に慣れた人でも自分の能力を過信しすぎていると起きてしまう事故です。

また運転し慣れていない車を運転する時は車の大きさをしっかりと認識できていない事が多く、思わぬ事故に繋がります。

狭い道は無理に走行しようとせず、別の道を探して安全確保に努めましょう。



単独事故でけがをした場合、事故を起こしたことを他人に知られたくないという理由で
病院に行かずに放置してしまう人がたくさんいます。

一人で悩むよりも信頼できる医師に相談した方が、的確な治療を受けることができます。

わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

交通事故治療の詳細はこちらをご覧ください。 

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

2016年1月20日 水曜日

雪道での事故 交通事故治療は大府市共和駅前わかば接骨院

雪道の危険

寒くなるにしたがって雪が降る日が増えてきます。

雪道は普段の道路よりも交通事故が起きる危険性が高まります。

毎年、雪道を走行した事が原因で交通事故に巻き込まれる人が後を絶ちません。

雪道での事故は運転操作が利かなくなるという点から、大きな事故に繋がりやすいのも特徴です。

雪の日は思わぬ事故に巻き込まれないように、細心の注意が必要です。



雪道を運転するときの注意点


①スタッドレスタイヤを装着する

まず、雪道を運転するときはタイヤをスタッドレスタイヤにしましょう。

スタッドレスタイヤは、普通のタイヤに比べて雪で凍結した路面でも滑りにくい加工がされています。

雪道でのスリップの危険を大幅に軽減する事ができます。


②急ブレーキはかけない

凍結した道路での急ブレーキは絶対にやめましょう。

滑りやすい道路で急ブレーキをかけると、タイヤの動きは止まりますが慣性の法則によって車は前に滑ってしまいます。

ブレーキを踏む時はゆっくりと徐々にスピードを落として停車するようにします。


③車間距離は広くとる

凍結した道路を走る時は、普通の道路を走行する時よりも車間距離をあけましょう。

ブレーキが利きにくい道路では追突の危険性が非常に高まります。

車間距離を空けておけば、車が予想外の動きをしたとしても追突や接触の危険を回避する事ができます。


④黒い道を通らない

雪の日の黒い道は雪が解けて乾いているように見えて、安全だと思いがちですが大きな間違いです。

これはブラックアイスバーンと呼ばれる道で、薄い氷で覆われた非常に危険な道路なのです。

スケート場を走るようなものなので、普通の雪道よりも滑りやすく絶対にスピードを出してはいけません。

このような道を見つけたら出来るだけ避け、どうしても通らなければいけない場合は極力スピードを落として運転しましょう。


⑤トンネルの出入り口付近は特に危険

トンネルの出入り口は他の場所よりも気温が低く、凍りやすい場所です。

また、多くの車が停車・発信を繰り返すので路面が研磨されて余計にツルツルになっています。

トンネルが見えたら、早めにスピードを落としてゆっくりと通過する事が大切です。



雪道の歩行者の危険

雪道を歩く時はしっかりと足の裏を地面につけてゆっくり前に進みましょう。

ヒールのある靴は避けて、できるだけフラットな靴を履いて下さい。

雪で道路が見にくくなり、側溝に足を取られたり車道の真ん中で転倒してしまったりと事故に遭う可能性が高まります。

雪の日は早めの行動を心掛け、余裕をもって行動する事で安全に目的地にたどり着く事ができます。



万が一事故に遭ってしまったら、早めの処置が重症化を防ぐ第一歩です。

わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております

交通事故治療の詳細はこちらをご覧ください。 

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

2016年1月16日 土曜日

ベテランドライバーの交通事故 大府市共和駅前わかば接骨院

運転に慣れた時ほど注意が必要


車の運転は慣れてきたころが一番危険と言われていますよね。

初心者の頃は運転に慣れておらず、一つ一つの動作がぎこちなかったり、とっさの判断が遅れてしまう事が原因で事故に遭ってしまいます。

運転に慣れてくるとそのような状況にも対応する能力が身につくので、スムーズな運転が可能になるのです。

しかし、運転に慣れたからこそ起こってしまう事故もあります。

ここではベテランドライバーが起こしやすい事故についてご紹介します。


自信過剰な運転が命取り

人は経験を積んで成長する生き物ですが、そのぶん傲慢になってしまうことがあります。

車の運転も同じです。

自分の能力に自信を持ち、過信してしまっている状態がいちばん危険なのです。

普通なら停止するはずの場所を無理やり進んだり、スピードを緩めなければいけないところでスピードを出している車を見た事はありませんか?

運転手本人は「これくらいなら大丈夫だろう」「俺(私)の運転技術ならいけるだろう」といった思い込みで車を運転しています。

運転に慣れている人の中には上手な運転を「荒い運転」と勘違いしている人がいます。

片手運転やよそ見運転はこうした人がやりがちな油断と慢心からくる危険な運転です。

周りから見れば非常に迷惑で危険な運転でも、自分の運転技術を過信して周囲の状況が見えなくなってしまっているのです。

またベテランになると下手に経験を積んでいる分、新しい出来事に対する対応力が弱い事があります。

長年の経験では遭遇しなかった状況に出会うと、パニックになって事故を起こしてしまうのです。


ベテランだからこそ守りたい運転マナー

ベテランドライバーで初心者の運転をバカにする人がいます。

運転に慣れた人から見れば初心者の運転は非常に危なっかしく、近寄りたくないものなのかもしれません。

しかし彼らの多くは、自動車学校で習った道路交通法をしっかりと守って運転しようと努力しています。

運転に慣れると最初は守っていた運転マナーを守らなくなる人がいます。

事故を起こさないためにはもちろん、ドライバー同士が気持ちよく運転するためにも運転マナーを守る事はとても大切です。

「初心忘れるべからず」と言うことわざにもあるように、免許をとったばかりの時の気持ちを忘れずに運転を続けられる事が理想的です。


事故を起こしてしまった時は専門家に早めの相談をしましょう。

交通事故治療の詳細はこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

2016年1月13日 水曜日

バイクの交通事故 東海市の交通事故治療は共和駅前の当院へ

被害の大きいバイクでの交通事故

バイクの事故はクルマと違って、周囲に守ってくれるものが何もないため、大けがや死亡事故に繋がりやすいです。

バイクは二輪のため安定性が悪く、少しの衝撃でバランスを崩して転倒してしまいます。

またクルマと同じ道路を同じスピードで走るので、事故に遭った時も車が受ける衝撃と同程度のダメージを負う事になります。


バイク事故に多い事例

①右折と直進の事故

右折しようとしたバイクと直進車との接触(もしくはその逆)によって起きる事故です。

信号のある交差点の方が事故が起きやすいというデータがあります。


②出会い頭

バイクが巻き込まれる交通事故の中でいちばん多いのが出会い頭の接触事故です。

この事故は運転手が一時停止を無視したり、前方不注意などが原因で起こります。


③正面衝突

正面衝突は最も命を落とす危険性が高い事故です。

クルマ対バイクで正面衝突した場合、バイクに乗っている人間が無傷でいられる可能性はほぼ0%です。


④左折時の巻き込み事故

左折しようとしたクルマが左側に直進するバイクがいる事に気付かずに左折してしまい、バイクを巻きこんでしまう事故です。

バイクはクルマの死角に入ってしまう事があり、存在に気づかれないまま事故にあってしまう例が多いのです。

バイクに乗る際は、「もしかしたらクルマからは見えていないかもしれない」という意識を常に持つ事で危険を遠ざけることができます。


バイクでの事故は重傷を負うケースが多く、事故の後遺症に悩まされることも少なくありません。

もしも事故にあってしまったら、信頼できる医師に相談する事が大切です。


交通事故治療の詳細はこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

2016年1月 7日 木曜日

横断歩道での交通事故 東海市の交通事故治療は当院へ

信号が無い横断歩道の危険

交通事故が多い場所はどこだと思いまか?

実は横断歩道で事故に遭う確率は非常に高いのです。

特に信号のない横断歩道は車と人が自分で判断して渡らなければいけないので、とても危険です。

歩行者から見ると横断歩道があって、人が渡っていれば車も気付いているはずだと思って横断します。

しかし、車から見ると信号が無い横断歩道は「停止しなければいけない」という意識が薄い場所でもあります。

警察の調査によれば、9割程の運転手が信号のない横断歩道では徐行・停止はしないと回答しており、この結果から見ても信号のない横断歩道は危険だと推測できます。


信号がある横断歩道も危険

信号がある横断歩道にも危険が潜んでいます。

信号のある横断歩道で特に多いのは、歩行者と右折車の衝突です。

人は「信号が青であれば絶対に安全だ」と思い込んでいます。

歩行者は「たとえ右折車が来たとしても自分の存在に気付いて止まってくれるに決まっている」と思い、確認もせずに横断してしまうのです。

逆に車の運転手は右折する際「青信号を進んでいる」と言う意識でいるため、歩行者の存在を見落としている場合が多いです。

歩行者も運転手も青信号を進んでいるという感覚でいるので、注意を怠ってしまうのが事故の大きな原因の一つです。


横断歩道での事故の責任

横断歩道上で歩行者もしくは自転車が横断中に、車が衝突事故を起こした場合はほぼ100%車側が責任を負います。

横断歩道は歩行者が横断するためにある場所なので、車は歩行者を優先する義務があります。

刑事処分上での罪は重く、民事上でも非常に重い責任を課せられる事になります。

逆に付近に横断歩道があるにもかかわらず、歩行者が横断歩道を渡らずに歩いていて事故に遭った場合は歩行者側にも責任があるとされ、歩行者側の過失も大きいとされます。

また横断歩道があるからと言って、確認もせずに急な飛び出しをして事故に遭った場合も歩行者に過失があったと見なされます。

しかしその場合も、基本的に運転手側に危険を察知して危険を回避するという義務が課せられているため、過失の割合は運転手側の方が多くなります。

車を運転していて横断歩道で事故を起こしてしまった場合は、相手側の治療費に加えて慰謝料や罰金など様々な負担を背負う事になります。

歩行者・運転手ともに横断歩道は危険であるという意識を持って行動する事が大切です。


もしも事故に遭ってしまった場合は、早めの治療が必要です。

わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

交通事故治療の詳細はこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ