わかば接骨院通信

2016年2月17日 水曜日

交通事故の過失相殺について 大府市共和駅前わかば接骨院

過失相殺とは

交通事故は普通、事故を起こした加害者と被害を被った被害者に分けられます。

加害者側が信号無視をしたなどの明らかな過失を犯していればわかりやすのですが、交通事故は必ずしもはっきりと加害者と被害者に分けられるわけではありません。

加害者であるけれども被害者でもあるという事がしばしば発生します。

このように加害者側にも被害があり、その原因が被害者側であった場合は加害者が払わなければいけない賠償額が減額されます。

これを過失相殺と言います。



過失相殺に当てはまる事故とは

過失相殺が当てはまるのは被害者と加害者双方に過失があったと認められた時です。

例えば以下のような事故の場合です。

●双方が脇見運転をしていて接触した
●自動車が青信号で走行中に歩行者が信号が赤の時に横断歩道を渡った
●出会い頭での衝突事故
●同じ道路の幅で双方が右折車の場合に減速せずに衝突した

通常事故の損害賠償額は、必要となる治療費、交通費、働けなかった分の賃金、精神的ダメージに対する慰謝料などから算出されます。

被害者にも過失があった場合は個の損害賠償額が100%支払われるのではなく、被害者の過失の度合いによって減らされます。



過失割合の決め方

過失相殺は過失の割合によって決まりますが、交通事故は事故の内容や状況によって千差万別なため明確に設定する事ができません。

ですから、過失の割合は今までの裁判の判例を基準として警察の実況見分書を参考に決められます。

過失相殺は保険会社との話し合いを進めて決まっていきますが、被害者側に有利な条件となってしまう事も多いです。

交通事故は被害者も加害者も冷静になれません。

被害者のショックは計り知れないものがありますが、加害者も自分が事故を起こしてしまったショックでパニック状態にいます。

罪悪感から相手の過失を指摘する事ができず、本来は被害者側にも過失があるにもかかわらず過失相殺を行わない事もあります。



加害者でも正しい主張を

たとえ加害者だとしても、交通事故によって怪我をしたり心に傷を負ったのであればそれを主張する事は大切な事です。

「自分が悪いのだからしょうがない」と我慢してしまうと後々後悔する事になります。

過失相殺は事故の負担を公平に負担するためにある制度です。

相手にも過失があったのであればちゃんとそれを伝えて、お互いに納得する結論を出しましょう。



交通事故の保険は、接骨院での治療にも適用されます。

わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

交通事故治療の詳細はこちらをご覧ください。 

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

2016年2月 8日 月曜日

交通事故後に症状が無い場合 東海市近郊のわかば接骨院

交通事故直後は脳が興奮状態

交通事故に遭ってそのまま気を失ったり、目に見えるけがをした場合は病院で適切な治療をしてもらえます。

しかし、事故後に大した痛みを感じなかったために病院に行かずに後からいろいろな症状に悩まされる事があります。

交通事故のようなショッキングな出来事に遭うと人間の脳は多量のアドレナリンを放出して興奮状態になります。

このような状態だと体は痛みを感じにくくなっていて、実際には重傷を負っているにもかかわらず平然と歩き回れたりする事があるのです。


自覚症状が無くても病院へ

たとえ自覚症状が無くても、交通事故に遭った場合は速やかに病院に行きましょう。

交通事故が原因で病院に行けば、念のためにレントゲンや脳の検査もしてもらえますのでその後も安心して生活する事ができます。

事故から時間が空いてしまうと、事故との因果関係を証明するのが難しくなる事があります。

本来もらえるはずの治療費をもらえなくなることもあるので、注意が必要です。



時間差で症状が現れやすいもの

●脳内出血

脳内出血は時間差で症状が出る怪我です。

頭を強打して脳の中で出血しても、痛みという症状が出るのは知が脳を圧迫し始めた時です。

痛みを感じた時にはかなり重篤な状態まで進行している事があるので、頭を打ったなと思ったら迷わず病院へ行きましょう。


●ねんざ・打撲

ねんざや打撲も事故直後から時間を空けて痛みが出てきます。

もちろんすぐに痛くなる場合もありますが、出血する事が無い分痛みを自覚しにくいのです。

しかしねんざや打撲の赤みは、皮膚の内側で内出血しているから起こります。

正しい処置を行わなければ痛みが長引き、内出血があざのように残ってしまう事もあります。


●むちうち症

むちうち症は時間差で症状が出る怪我の代表です。

正確には頚椎捻挫と言い、首周りの捻挫を指します。

場合によっては半年~1年後に痛みが発症することもあります。

またむちうち症は、頭痛や手の痺れなど分かりにくい症状もあるため違和感を感じたら専門の医師に相談するようにしましょう。



交通事故は不慮の事態なので、体のどこに怪我をしてもおかしくありません。

痛みがあるにもかかわらず、湿布や様子見で終わりとなった場合には他の病院を受診する事も選択肢の一つです。

我慢強い人ほど、「多少の痛みならいいか」と放置して悪化してしまいます。

我慢せず、信頼できる専門医に相談しましょう。


わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

交通事故治療の詳細はこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

2016年2月 7日 日曜日

自損事故後の処理について 東海市近郊交通事故治療は当院へ

自損事故とは

自損事故とは相手の車や被害者がいない、自分に原因がありなおかつ被害を被ったのも自分である場合の事故です。

例えばバックしていて壁にぶつかってしまったり、急カーブを曲がり切れずにがけから転落してしまった場
合は自損事故にあたります。



自損事故を起こしたら

自損事故を起こしてしまった場合は速やかに警察に届ける必要があります。

被害者がおらず、周りに目撃者もいない事故の場合警察に届けることを放棄し、その場から立ち去ってしまう運転手がいます。

しかし事故を起こしたという事は人でなくとも物を傷つけたという事です。

その物の持ち主が警察に被害届を出したら、当て逃げをしたという事になるのです。

さらに、事故の処理は起きたその場で片づける方が時間も手間も圧倒的に減らす事ができます。

保険的な手続きも、警察を呼んで事故届を提出しておけば保険会社がほぼ自動的に進めてくれます。

事故から時間をおいて警察に届けると、事故の状況も分かりにくくなるばかりか金銭的な負担が増える可能性もあります。



自損事故保険について

自損事故を起こした場合、運転手の怪我や被害については自賠責保険の対象ではありません。

このような事故を起こした際に役立つのが「自損事故保険」という保険です。

自損事故を起こした運転手の怪我などに対して保険金が支払われます。

ただしこの保険はあくまで「人」に対する保険なので、クルマの損害に対しては支払われません。



わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

交通事故治療の詳細はこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ