わかば接骨院通信

2016年4月18日 月曜日

交通事故のむち打ちについて 大府市共和駅前わかば接骨院

交通事故の衝撃とは


ここ数年、交通事故の死者数は減少傾向にあり、少しずつではあるが人々の安全運転への意識が変わりつつあります。

しかし、未だに悲惨な交通事故は起きています。

さっきまで元気だった人が突然に交通事故に巻き込まれて大けがを負ったり、命を落としたりしているのです。

交通事故による衝撃はすさまじいものであり、走行中の自動車が生身の人間にぶつかれば簡単に何十メートルも飛ばされてしまいます。

これは車に乗っていて、後ろから衝突された時も同じです。

車に乗っているので、直接あたるわけではありませんが車体を通して大きなエネルギーで身体が前に押されます。

その勢いで頭が前方に押し出されて、首の筋肉や骨に傷が付いてしまった状態が俗に言う「むちうち」です。

むちうちの症状と種類

ひとことで「むちうち」と言っても、症状のでかたは様々です。

レントゲンなどで骨の異常が見つからない場合には、異常なしと診断される恐れもあります。

しかし、痛みや違和感があればそれは正常な状態とは言えません。

以下にむちうちの症状の特徴をご紹介します。

●頚椎捻挫型

もっとも代表的なむちうちのタイプで、むちうちの7割~8割程度がこの捻挫型です。

レントゲンなどで見ても頚椎に異常がないため、医師が見落とす可能性もあります。

首を構成する骨である頚椎やその周辺が事故の衝撃によって、断裂したり傷ついたりしているのです。

主な症状は首の痛み、肩のだるさ、重みなどです。

●神経根症状型

大きすぎる衝撃によって、骨を通り越した神経までも傷つけてしまった状態です。

神経の根元が伸びてしまったり、強く圧迫されて神経が傷ついてしまって起こる症状です。

神経に関わっているため、手や足のしびれとして症状が現れてきます。

●バレー・ルー症候群

車の衝撃が、首の骨を通り越して自律神経を傷つけてしまった状態です。

別名後部顎交感神経症候群と言います。

めまいや耳鳴り、息苦しさなどが主な症状です。

●脊椎症状型

衝突の衝撃が脊椎までいってしまい、脊椎が損傷を受けた状態です。

身体の動きを司る脊椎が損傷したことによって、身体にマヒが残ってしまいます。

知覚障害や歩行障害などの日常生活に支障が出るような事態になってしまい、後遺症が残りやすいので非常に危険です。

●脳髄駅減少症

事故の衝撃によって脳髄液が漏れ続けている状態で、激しい頭痛やめまい・吐き気を発症します。

頭痛が代表的な症状ですが、聴力や視力に障害が出ることもあります。

もし、追突事故に巻き込まれ、むち打ちのような症状が出たら、早急に専門家の指示を仰ぎましょう。

わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

交通事故治療についての詳細はこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

2016年4月18日 月曜日

交通事故の示談交渉について 東海市の交通事故治療は当院へ

交通事故の示談交渉とは

事件や事故などで「示談」という言葉を良く聞きますよね。

示談という言葉の意味を何となく理解できていても、具体的にどうすることなのか分からない人もいると思います。

示談とは、簡単に言うと和解のことであり、「被害者と加害者が事件を解決することに合意する事」です。

示談交渉とは示談へ向かうための双方の話し合いのことで、どのような条件であればお互い納得して事件・事故を解決へ導くことができるのかという交渉のことです。

交通事故の約9割が示談交渉の後、示談という結末を迎えています。

交通事故から示談までの流れ

交通事故発生から示談交渉を行い、示談が成立するまでには流れがあります。

交通事故から示談成立までの流れを以下にご紹介します。



1.交通事故が起きる

まずは自分や周りの怪我・被害の具合を確認しましょう。

少しでも痛みがあれば必ず病院へ行き、警察に届ける必要があります。

どんなに小さな怪我でも、人身事故として処理してもらいましょう。

物損事故として処理されてしまうと、人には被害が出なかったと判断され、事故の状況についての資料を作成してもらう事ができません。



2.病院を受診・治療

事故によって負った怪我の治療を行います。

この治療費は加害者もしくは加害者が加入している保険会社から支払われます。

事故によって負った怪我が完治する、または「これ以上良くならない所まで治療した」状態まで通院と治療を続けます。

この状態を「症状固定」と言い、ここまで治療を進めた場合はこの後の治療や診断にかかる金額の請求は出来なくなります。

後の示談交渉をスムーズに進めるために、ここまでの治療費の領収書を保管しておきましょう。



3.保険会社と示談交渉

症状固定の状態になったら、示談交渉を始めます。

示談交渉では以下の損害賠償について話し合います。

・治療費、通院費、通院にかかった交通費、リハビリの費用

・仕事を休んだ場合は仕事をしていたらもらえるはずだった賃金

・事故によって負う事となった精神的苦痛に対する慰謝料

主に以上の内容に関して、保険会社と話し合いを進めていきます。

ここでの話はいが直接示談への条件に繋がっていくので、妥協することなく自分の求める条件を提示する事が大切です。



5.示談成立へ

示談交渉での補償の内容に納得出来たら、示談書にサインをします。

示談書にサインをした時点で、示談は成立となります。

一度サインしてしまうと、示談の内容を変更することは不可能なので詳細をしっかりと確認してサインしましょう。


わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

交通事故治療の詳細はこちらをご覧ください。


投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

2016年4月17日 日曜日

交通事故の治療と道路について 共和駅前わかば接骨院


悪路よる交通事故

自動車や自転車を運転していると、きれいに整備されている道路ばかりを運転できるとは限りませんよね。

最近は整備された道も多いですが、少し田舎に行くとまだまだ悪路がたくさん存在します。

また、雨や雪などの自然災害によって道路の状況が変わってしまう事もあります。

このような道路は運転がし辛く、交通事故が起きる危険の高い道路と言えます。

悪路での交通事故は、車が思いがけない動きをすることもあり、大人数を巻き込むような大きな事故になりやすいのが特徴です。

また、スリップなどによる自損事故や運転手本人が重傷を負ってしまう事故の発生率も高くなります。

悪路の種類と危険性

俗に悪路と呼ばれるのは「ひどい道、歩きにくい道」などのことです。

ここでいう悪路とは交通事故リスクが高い道路の事をさします。

以下に悪路の種類についてご紹介します。



◎雨が降っている時の道

雨は太陽が雲に覆われて日中でも暗く、視界が悪いです。

車の運転手からは歩行者や自転車が非常に見辛く、事故の危険が高いです。

歩行者も傘を刺しているため、晴天時ほど視界は良くありません。

お互いのことを認識する事ができないため、近づいて来ても回避する事ができないのです。

また、雨天時の道路はタイヤが滑りやすくスリップしやすい道路状況になっています。

速度超過や急ブレーキで車が思わぬ方向に持っていかれて、事故になってしまう事があります。

さらに雨の後の水が溜まった道路にも、スリップの危険が潜んでいます。

雨の前後は安全運転を意識することが大切です。


◎凸凹の道

地方ではコンクリートで舗装されていない凸凹の道を走行する事もあります。

このような道は人があまり通らないため、雑草が生え放題だったり思わぬところに穴があいていたりします。

この穴にタイヤがはまって、出られなくなることもあります。

さらに、このような道は車一台通れるか通れないかの狭い道が多く、少しのハンドル操作ミスで道路の外に飛び出してしまう事もあります。

また、整備不足でコンクリートが所々はがれたり、盛り上がったりしている道路もパンクなどの危険が高くなります。


◎雪道

雪道は最もスリップの危険が高いです。

雪が固まって氷状になった雪は非常に滑りやすく、ブレーキをかけると逆効果になります。

信号などで急ブレーキをかけて、そのままスリップし反対側から来た車と接触するという事故が起きやすいのです。

また、急カーブも雪で滑って曲がりきることができず、対向車や電柱に衝突する危険があります。

以上のような悪路での運転は、交通事故の危険が高いです。

このような道路を運転するのは出来るだけ回避しましょう。

どうしても走行しなければいけない場合は、普段よりも慎重な運転を心掛けて下さい。


わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

交通事故治療の詳細はこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

2016年4月15日 金曜日

交通事故被害者の対処について 大府市のわかば接骨院

交通事故に遭ったら

交通事故被害者になってしまったら、身体に傷を負っているかもしれませんし、精神的に動揺している可能性もあります。

もし事故に遭ったら、いちばん最初に何をして、どのような流れで解決に向かえばいいのでしょうか?

もちろん事故に遭わないのが一番いいのですが、万が一事故に遭ってしまった時に備えて、事故後の流れを確認しておきましょう。

交通事故発生直後

交通事故に遭った直後、まずするべきことは警察への連絡です。

警察が現場に到着してから、スムーズに事を進めるためにも到着までに以下のことを確認しておきましょう。

・相手の運転免許証(住所・氏名・生年月日)

・相手の車両番号(前のプレートはとりかえられている可能性があるので、後ろのプレートを確認)

・相手の勤務先(会社名・住所・電話番号)

・相手の車両について(車検証・自賠責証明書・保険会社名・加入年月日)

・被害状況確認(被害の程度、破損箇所の写真撮影)

・現場の症状(できれば周囲の写真撮影)

・事故の状況(車の位置・その他被害状況)

・加害者の発言(録音ができればする)

・目撃者の確保(氏名・住所・証言)

自分の記憶を整理する

事故に遭った時は気が動転しているかもしれませんが、記憶が鮮明なうちに自分の記憶を整理しておいた方が良いです。

事故後には保険会社や警察など事故の状況を話す機会が何度かあります。

その時に話が食い違うと、自分が不利になる可能性があるのです。

自分が覚えている事は忘れないうちに、メモに書いたり録音しておきましょう。

保険会社に連絡する

警察への届けが終了し、事故現場での見聞などがひと段落ついたら早めに保険会社連絡しましょう。

保険会社への報告が遅くなると、保険金支払いまでの期間が長くなる恐れがあります。

事故直後に保険会社に連絡しておけば、短期間で保険金が支払われます。

保険会社へは以下の項目を報告しましょう。

・契約の内容(保険番号・契約者指名・被保険者の住所・氏名・電話番号)

・事故の状況(事故の日時・場所・状況・事故の原因・相手の住所・氏名・電話番号・届け出警察署・目撃者がいれば住所・氏名・電話番号)

・被害の状況(車両の被害の大きさ・負傷者がいれば傷の程度・病院名)

・事故後の措置について(相手との交渉状況について)

以上のような手順で事故後の処理を行います。

もしすこしでも身体に違和感があったら必ず病院へ行きましょう。

わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

交通事故治療の詳細はこちらをご覧ください

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

2016年4月15日 金曜日

交通事故と自賠責保険について 東海市の交通事故治療は当院へ

自賠責保険とは

自賠責保険とは、車やバイクを運転する際に加入することが法律で義務付けられている保険のことです。

加入の目的は、事故が起こった時に被害者を救済することです。

自賠責保険に加入してさえいれば、最低限の補償は受けることができます。

自賠責保険は法律で加入が義務付けられているため、加入していなければ法律違反として罰則を受けることになります。

自賠責保険に未加入のまま運転した場合、50万円以下の罰金もしくは1年以下の懲役に加えて違反点数6点と免許停止処分が科せられます。


自賠責保険の補償範囲

自賠責保険に加入しているとしても補償を受けられる範囲は決まっています。

まず自賠責保険は、対人補償のみのため車に何かしらの傷や故障が発生したとしても、自賠責保険の補償範囲ではありません。

モノの補償は任意の保険で補ってもらう事になります。

また、自賠責保険は他人に対する補償なので、自分の治療には使えません。

そのためガードレールにぶつかって自身が怪我を負ったとしても、保険金は支払われません。

保険金の限度額

自賠責保険の保険金には限度額があります。

交通事故のケガによる損害に関しては、支払限度額は120万円となっています。

この金額の中から、治療費や慰謝料などが支払われます。

後遺障害による損害は、障害の等級に従って75万円から4000万円の間で、保険金が支払われます。

被害者が死亡した事故の場合は、葬儀費用・逸失利益・被害者や遺族の慰謝料が限度額3000万円の範囲内で支払われることになります。

保険金が支払われるまでの流れ

事故が起きて、保険金を請求し支払われるまでの流れは以下のようになります。

①請求者が、損害保険会社へ自賠責保険の請求書類を提出します。

②損害保険会社は、請求者から提出された①の請求書類を、損害保険料率算出機構の調査事務所に送ります。

③調査事務所は、事故の状況や保険対象かどうか、怪我の状況などから出た損害額を公正に調査します。

④調査事務所は調査結果を、損害保険会社に報告します。

⑤損害保険会社は調査結果をもとに支払額を決定し、請求者に自賠責保険金が支払われます。

以上のような手順で、被害者のもとに保険金が渡ります。

しかし、すぐに治療費などのお金が必要な場合は「仮渡し金」という制度があります。

治療費などの費用を早く受け取ることができる制度で、加害者が加入している保険会社に、費用の請求ができます。

自賠責保険は被害者を救済するために必要な保険です。

万が一の時のために、自分がきちんと保険に加入しているか、保険の期限などを確認しておきましょう。

もしも事故で怪我を負ってしまったら、早急に信頼できる医師のもとへ足を運んでください。

わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

交通事故治療の詳細はこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

カレンダー

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ