わかば接骨院通信

2016年6月30日 木曜日

交通事故の加害者について 大府市のわかば接骨院

交通事故の加害者になる

車を運転していて事故を起こしてしまった場合、必ずしも自分の車を運転しているとは限りません。

友人の車を借りて運転している時に事故を起こしてしまう可能性もあります。

人の車を運転する機会が多い人は、このようなケースに備えて、他車運転特約に加入する事を検討する必要があります。


他車運転特約について

他車運転特約とは、被保険者が他人の車を運転している時に交通事故を起こした場合に、事故を起こした人が契約している車とみなして保険金を支払う事になります。

適用されるのは保険会社が定めている他人の車に限られているので、家族や配偶者は対象から外れる場合があります。

主に「他者への障害」「電柱などの物の破損」「借りた車への損害」に対して保険金が支払われます。

誰かの車を借りて事故を起こし、誰かにケガを負わせたりものに損害を加えたりした場合、法律上の責任はその車を運転していた運転手にあります。

車を貸した人にも損害賠償を受ける可能性があります。

ここで車を借りた人が他車運転特約に入っていると、借りた車は契約車両とみなされて自分の自動車保険から保険金が支払われるのです。

他車運転特約の補償とは

他車運転特約に加入していると以下のような補償が受けられます。

●対物補償

他人の車を運転していて、他人の車やガードレールなどの物を壊してしまった場合、その人が加入している自動車保険の保険金額の上限金額まで補償されます。

●対人賠償補償

他人から借りた車で交通事故を起こし、他人にケガを負わせる又は死亡させてしまった場合に負った相手の治療費や慰謝料などの損害賠償を、自分の自動車保険の保険金額を上限に補償されます。

●自分や同乗者の補償

同乗者をのせて借りた車を運転していた場合、同乗者が死亡もしくは後遺障害を負う可能性があります。

この場合、事故の加害者が任意保険に加入しておらず、補償が十分でないと判断された場合にのみ保険金が支払われます。

●借りた車の損害

契約車両が車両保険が付いていて、さらに契約車両の契約条件等に従い車両保険を支払える事故の場合は、借りた保険の時価もしくは対物賠償保険の保険額を上限に補償されます。

さまざまなケースに備えましょう

交通事故はいつどのような状況の時に起きるかわかりません。

心配のしすぎは良くないですが、車を運転する者としてできる限りの準備はしておきましょう。

いろいろなケースを予想しておくだけでも、安全な運転と事故防止に繋がります。

万が一、交通事故に遭ってケガをしてしまったら近くの専門医を必ず受診しましょう。



交通事故治療の詳細はこちらをご覧ください。 

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

2016年6月28日 火曜日

交通事故後の捻挫と部位 大府市のわかば接骨院

捻挫は放置しない

捻挫はスポーツをしている時や、普通に歩いていて足をひねったりしたことでなることも多いので身近なケガと感じている人も多いのではないでしょうか。

捻挫は外から強い力が関節に加わることで、関節靱帯が断裂したり傷ついたりして痛みが出る状態です。

患部が炎症を起こして痛みが出ているので、放置すると慢性的な痛みの原因になることもあります。

多くの場合関節を動かしたときに、痛みが発生します。

捻挫は交通事故の際に負うケガのなかでも非常に多いです。

捻挫だと思い込んでいたら実は骨折していたなどというケースもあります。

「たかが捻挫」と放置せずに、しっかりと医療機関で診断を受けましょう。


首の捻挫

首の捻挫は交通事故で負うケガの代表的なもののひとつです。

正式名称は「頸椎捻挫」、一般的には「むちうち」と呼ばれることが多いです。

むちうちは首を形成する頚椎という骨が衝撃を受けて、痛めてしまった状態です。

車に乗っている時に後方から追突される事故でむちうちを発症しているケースが代表的です。


手首の捻挫

手首は人間の身体の中でとてもよく動かす部分です。

そのぶん捻挫しやすい部位とも言えます。

交通事故で手首を捻挫するのは、自転車や歩行者として事故に遭った際、転倒して手をついた時に関節を痛めていしまうケースが多いのです。

●骨をつくる

骨折したり骨を損傷した場合には、骨を丈夫にしてくれるカルシウムを含む食材を積極的に摂取する必要があります。

カルシウムは乳製品や海藻類、大豆食品などに多く含まれています。

カルシウムはそれだけで摂取しても吸収率が低いので、カルシウム吸収率を上げるビタミンDを一緒に摂りましょう。

ビタミンDは魚類やキノコ類に多く含まれている栄養素です。

腰の捻挫

筋肉や関節はたんぱく質でできています。

ケガの回復を早めるためには、たんぱく質を作り、筋肉の柔軟性やハリを持たせる必要があります。

それをサポートしてくれるのは、たんぱく質とコラーゲンです。

たんぱく質は肉、魚、大豆製品、卵などに多く含まれています。

コラーゲンはたんぱく質の一種で牛すじ、軟骨、イカやタコに含まれている栄養素です。

足首の捻挫

交通事故の治療には時間がかかり、長期間にわたって通院しなければいけない可能性もあります。

通院のわずらわしさから治療途中で、病院に行かなくなってしまう人もいます。

しかし、完治しないまま治療をやめてしまうと数年後に症状が再発することがあります。

信頼できる専門医に相談しながら、確実に治療を進めていきましょう。

わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

こちらの交通事故治療の詳細をご覧ください。

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

2016年6月27日 月曜日

交通事故の治療と費用 大府市のわかば接骨院



交通事故の治療費は?

交通事故に遭った場合、多かれ少なかれケガを負う可能性が高いですよね。

交通事故のケガは命に関わるような大きなケガもあれば、数日で治るような軽いケガもあります。

自分では大したことないケガだと思っていても、病院で検査をしたら想像以上に大きなケガだったということもあり得ます。

交通事故に遭ったら治療費はどうなるのでしょうか?

事故の加害者の場合は加害者が入っている自賠責保険の保険会社から自分と被害者の治療費が支払われます。

被害者であれば、加害者側が入っている自賠責保険から治療費が出るので自分の負担はないです。

自動車を運転する人は原則として自賠責保険に加入しなければいけないので、交通事故に遭った場合の治療費は保険会社が負担してくれます。

損害賠償を決めるのは

損害賠償の費用が決まるのは、治療が終わりケガの完治までにいくらかかったのかが分かってからです。

まれに、事故現場にいる段階から損害賠償の話をする人がいますが、後々のトラブルに発展する可能性が高いので絶対にやめましょう。

契約書や念書にサインなどをしてしまうと、そこで決定した金額以上の治療費がかかってもそれ以上治療費がもらえなくなってしまう危険があります。

金額が書かれた書類にサインを求められても、専門家に相談するまでは署名は避けてください。

特に後遺症が残るようなケガの場合は後遺症認定がされるかどうかで、費用も変わってきます。

損害賠償の話し合いは必ず専門家を交えて行いましょう。

治療費が打ち切られる場合

交通事故でケガを負い、治療を受けている間は保険会社から治療費が支払われます。

しかし、保険会社からの治療費が打ち切られることがあります。

以下のようなケースの場合は保険会社からの治療費が打ち切られる可能性があります。

●完治・症状固定

ケガが完治すればそれ以上治療費はかからないので、治療費の請求はできません。

症状固定とは、病院で医師の診察を受けて何度か通院した後、これ以上ケガが回復する事はないと判断された状態を指します。

症状固定となったら、状態の等級に見合う賠償が行われて治療費は支払われなくなります。

●通院頻度が少ない

ケガの治療のために必要な通院ですが、この頻度が低すぎると治療費が請求できなくなることがあります。

過度に通院するのも問題ですが、ケガの治療のためには一定の頻度で病院に通っている必要があります。

病院に行く頻度が少なすぎると、治療が打ち切られたと判断されることもあり、治療費が打ち切られます。

●漫然治療

ケガの治療にそれほど影響が無いと思われるような治療を長期間続けることも、治療費打ち切りの理由になります。

例えばビタミン系のサプリメントをもらい続けていたり、マッサージだけのリハビリを続けていたりすると治療ではなく症状固定の段階だと判断される場合があります。

もらっている薬やリハビリがケガの治療にどのように役立っているのかをしっかりと説明できれば、治療費の打ち切り対象にはなりません。

もし、交通事故に遭ってしまったら専門医に相談しましょう。


交通事故治療の詳細はこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

2016年6月25日 土曜日

交通事故の治療と応急処置 大府市のわかば接骨院

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

2016年6月23日 木曜日

交通事故のむちうちの後遺症 大府市のわかば接骨院



事故後の後遺症


交通事故は事故が起きたその場だけですべてが終わる事はほとんどありません。

事故が重大なものであるほど、事故後にやらなければいけないことがたくさんあります。

事故後は保険会社との対応に追われ、場合によっては警察とも何度かやり取りをしなければいけないこともあります。

そんな中で、事故後にたくさんの人が苦労するのが後遺症です。

ひとことで後遺症といっても痛みが伴うものから、他人には分かりづらい不快感や精神的な症状までいろいろあります。

あまり知られていませんが、交通事故に合った人の多くがこの後遺症に悩みながら長い期間を過ごしています。

痛みなどのケガに伴う後遺症の場合は、何度も病院に通う必要があり、それがストレスになって疲れてしまう人もいます。

つまり交通事故は事故に遭ってからのケアも、非常に重要なのです。

むちうちの後遺症について

交通事故のケガでとても多いのが「むちうち」です。

むちうちは痛み以外にも症状があり、自分がむちうちだと気付かないまま何年も過ごしてしまう人もいます。

以下のような症状はむちうちに伴う後遺症の可能性があります。

●もともと頭痛持ちではなかったのに、頭痛やめまいが頻繁に起こるようになった。

●異常な眠気に襲われるようになった。

●雨の日や曇りの日に首周辺に違和感を感じる。

●ちょっとした行動ですぐに疲れてしまう

●首の可動域がせまくなた

●肩こりや腰痛が事故前と比べてひどくなった。

事故後の対応について

むちうちは最初の処置が肝心です。

交通事故に遭って、少しでも体に不調を感じたらとにかく病院を受診することが後遺症を悪化させないためのポイントです。

むちうちは事故後に痛みが治まるまで、極力首を動かさないようにして安静にするのが適切な対応なのです。

これをしないまま普通の生活をしていると、一生後遺症と付き合っていかなくてはいけなくなる可能性もあります。

また、首や頭に衝撃を受けた場合むちうち以外にも脳出血などを起こしていることもあります。

事故によって身体に何が起きているのかは病院で検査しないと分からないので、事故に遭ったら外傷が無くても一度病院を受診するようにしましょう。

後遺症を防ぐために

追突事故に遭い、むちうちと診断されたら患部をできるだけ動かさないようにします。

病院で首を固定するコルセットがもらえる場合もありますし、不安であれば市販されている首のコルセットをしばらく付けて様子を見る必要があります。

痛みやこったような感覚があるからと言って、マッサージをするのも逆効果になることもあり危険です。

事故直後は患部の炎症を抑えるために冷却するのが効果的です。

万が一交通事故に遭って後遺症の症状に悩まされている場合、早急に専門医の診断を受ける必要があります。

後遺症の症状が出ているにもかかわらず放置していると、どんどん悪化してしまう可能性があるのです。


交通事故治療の詳細はこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

カレンダー

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ