わかば接骨院通信

2017年2月28日 火曜日

追突事故による腰椎捻挫  大府市のわかば接骨院

腰椎捻挫のメカニズム 腰椎捻挫とは、腰の構造の基盤となっている5つの腰椎が外部からの衝撃によって、筋肉や靭帯に損傷を起こした状態のことを指します。

損傷を受けた場所は、激しい痛みが起こり場合によっては下半身にしびれが出ることもあります。

交通事故で最も多いケガは「むち打ち症」ですが、それに次いで多いケガが腰椎捻挫なのです。

首の捻挫であるむち打ち症と同様に、腰椎捻挫もレントゲンやMRIなどの画像診断では異常が見当たらないことも多く、

痛み止めを使うだけの対処療法がおこなわれることも少なくありません。

しかし、ただ痛みを抑えるだけでは腰椎捻挫を治すことは難しく、痛みやしびれが残る後遺障害となる可能性も否定できないのです。

腰椎捻挫は大きく分けて以下の4つに分類されます。

①腰部捻挫型 腰の動きに伴って発症する腰の損傷です。

力強くひねったり、大きく伸びをした時に腰椎の靭帯を損傷して痛みが発生したり、腰の動きに制限が出ます。

車に乗っているときに、後ろから追突された際に受ける衝撃でも、腰部捻挫型の腰椎捻挫になる可能性は高いです。

②筋・筋膜症型 腰の筋肉が急激に緊張して、腰椎周辺の筋肉や筋膜が傷ついて腰痛が発生します。

スポーツ中の無理な姿勢や、急な動きによって起こることが多いです。

肉離れと言われることもあり、普段から筋肉の緊張が続いている人に発症しやすいタイプです。

③神経根型 交通事故で起こる腰椎捻挫で多いのがこの神経根型の腰椎捻挫です。

後ろから追突され、腰椎が前に押し出されて周囲の神経が圧迫されることによって激しい痛みと下肢の痺れを感じるのが特徴です。

④腰椎椎間板ヘルニア ヘルニアは「外に飛び出す」という意味で、腰椎と腰椎の間にあるゼリー状の椎間板が、

外部からの衝撃によって本来あるべき場所から飛び出して神経を刺激します。

腰の痛みに加えて、お尻や足にピリピリとした痺れがあり、症状が進行するほど痺れはひどくなっていく傾向にあります。

腰椎捻挫のリハビリ 腰椎捻挫では、痛みが激しい炎症期には安静が必要です。

しかし、痛みが治まってきたら少しずつ体を動かすようにして、筋肉をほぐしてあげることが大切です。

動くと激しく痛むような急激な運動は避けて、日常生活で必要な動作を無理のない範囲で行ってください。

腰椎捻挫の治療は、投薬や湿布で痛みを抑えながら、歩行訓練などのリハビリを行っていきます。

治療を中途半端な状態で終わらせてしまうと、腰椎捻挫が再発しやすくなってしまうので、しっかりと治療しましょう。

わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

交通事故治療の詳細についてはこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

2017年2月25日 土曜日

交通事故の損害賠償とケガについて 大府市のわかば接骨院

交通事故で発生する損害賠償 加害者が被害者を負傷もしくは死亡させてしまったり、被害者の物を壊してしまった場合、

被害者は加害者に損害賠償を請求することが出来ます。

損害賠償は、被害者が被ったケガの治療費や精神的ダメージなどを金銭で償うものです。

損害賠償の金額は、事故の内容や状況から加害者と被害者にどの程度の過失があるかを判断し、過去の判例を基に決定します。

加害者と被害者が納得した上でスムーズに示談交渉が進めばよいのですが、加害者と被害者の間で意見が食い違ってトラブルに発展することも少なくありません。

そのようなトラブルを回避するためにも、事故に関する資料や書類はしっかりと準備する必要があるのです。

損害賠償に関わる書類について 損害賠償の内容と金額の決定に関する書類を以下にご紹介します。

◆医師による診断書・明細書 交通事故でケガをして、医療機関を受診した場合はケガや治療の内容、通院を証明するために診断書と明細書が必要です。

診断書は、医療機関を受診した際に「交通事故のケガである」をしっかりと伝えて、自賠責保険用の統一書式の診断書を発行してもらいましょう。

◆通院交通費証明書 病院や接骨院など、ケガの治療のために通院した場合の交通費を請求するために必要な書類です。

被害者が、通院した日・交通手段・使用した金額を記入します。

◆後遺障害等級認定票 ケガが症状固定の段階に入り、後遺障害認定等級を申請した場合にその結果を記載したものを後遺障害等級認定票といいます。

他の名称で呼ぶこともあるので、名前よりも書類の内容で覚えておいた方が良いです。

この認定票は、自賠責保険や任意保険などの認定機関が作成して、発行します。

◆休業損害証明書など 交通事故のケガが原因で、被害者が仕事を休業した場合は、その間得られなかった収入分を加害者に請求することになります。

これを請求する際に必要になるのが休業損害証明書であり、務めている会社に作成してもらいます。

それ以外に事故に遭う前の源泉徴収票も一緒に提出します。

また、休業が長期に渡る場合にはボーナスが減額されてしまう恐れもあり、その際は「賞与減額証明書」も作成してもらえば、

受け取る予定だった賞与分を請求することができます。

ケガの治療費について 被害者のケガはもちろん、加害者のケガに関しても自賠責保険にきちんと加入していれば、自賠責保険の補償で賄われます。

安心してケガの治療に専念しましょう。

もちろん接骨院での治療も、自賠責保険の補償対象に入ります。

わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

交通事故治療の詳細についてはこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

2017年2月23日 木曜日

交通事故による痛みと病院について 東海市の交通事故治療は当院へ

痛みは放置してはいけない 痛みというのは、「ここが傷ついているよ。」「早く治療しないともっとひどくなるよ。」という 身体からのSOSです。

この警告を無視すると、手遅れになる恐れもあります。

交通事故にはケガがつきものですが、重症度やケガの種類によって痛みの出方が違います。

骨折や脱臼などは、すぐに病院で手当てしなければ日常生活もままならないほどの痛みが出ます。

それに比べて、ねん挫などの靭帯や筋肉に損傷を受けているケガは見た目にも判断がしづらく、痛みが出るまでに時間がかかることも多いため、

診断が難しい・治療が遅れるなどの問題が起こりやすいです。

病院での診断について 少しでも気になる痛みがあれば、必ず病院に行きましょう。

「我慢できないほどの痛みじゃないし・・・。」と病院に行くのを先送りにしてしまう人もいますが、

我慢できないほどの痛みになってから病院に行くと治療も辛いものになる可能性が高いですし、時間もかかります。

病院を受診する際は、 ・痛みの出ている部分 ・いつから痛いのか ・どのように痛いのか(どうすると痛いのか) などを最初に聞かれることになるので、

あらかじめ説明できるようにしておきましょう。

この問診で、医師は痛みの原因をある程度予測し、具体的な検査をしていきます。

問診が終わったら、実際に痛みが出ている個所を触ったり動かしたりしてどのように痛むのかを確かめていきます。

その後、骨や内臓に異常が無いかチェックするために、レントゲンやMRIなどの画像診断を行います。

原因が特定できれば、その部分を治療していく計画を立てていきます。

どのような治療を進めていくのかを担当医師と相談していきますが、この際不安なことが少しでもあれば遠慮せず聞いてみましょう。

また、交通事故の被害者は損害賠償請求の際に医師の診断書が必要になるため、

交通事故によるケガであることと診断書を書いてほしいことを伝えるのを忘れないでください。

医療機関の選び方 交通事故のケガは、専門家の判断が非常に重要です。

例えば「右手が痛いからきっと捻挫だろう。」と考えて整形外科に行くことがあるかもしれませんが、

神経系のケガの可能性もありますし、脳を損傷したことによって右手に症状が出ることもあります。

自己判断は危険なので、まずは総合病院の受付で自分の症状を話し、どこの科を受診すればいいのか判断を仰ぎましょう。

痛みの理由がはっきりしたら、それに合わせて通いやすい医療機関に切り替えることもできますし、並行して2つ以上の医療機関で治療をすることも可能です。

接骨院でも、交通事故による痛みのご相談に対応しております。

わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

交通事故治療の詳細についてはこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

2017年2月20日 月曜日

交通事故における書類と治療について 大府市のわかば接骨院

交通事故で必要な書類について 交通事故は、加害者と被害者を死傷させたり他人の車を傷つけたり、電柱やガードレールにぶつかるなど様々なケースがあります。

色々なタイプの交通事故を客観的に判断し、スムーズに処理していくために、交通事故ではいくつかの重要な書類があります。

これらの書類に不備があったり、欠けているものがあったりすると対応が遅れたり、十分な損害賠償がもらえないといったトラブルに繋がります。


事故の状況に関する書類 事故が発生したことやその状況を証明する書類が以下の3つです。

〇実況見分書 他人を死傷させる人身事故を起こしたら警察に連絡して、実況見分をおこないます。

実況見分書は、人身事故のみで作られる書類であり刑事記録でもあります。

事故の状況が細かく記されており、被害者と加害者の示談交渉で過失割合を決定する際に必要になります。

警察の聞き取りが不十分なために、実況見分書が誤って記載されてしまうこともあるため、当事者は可能な限り実況見分に参加して、

正しい実況見分書が作成されるようにしなければいけませ ん。

〇交通事故証明書 交通事故証明書は、交通事故が起きたということを証明する書類です。

自動車安全運転センターが発行する書類で、事故の発生日時・発生場所・事故当時者の住所・氏名・などが記載された公的な証明書です。

被害者が加害者に損害賠償を請求するために必要な書類ですが、加害者の過失や損害の量などを証明するわけではないので、これだけでは不十分です。

申請は、事故発生から2週間~1カ月程度で可能になり、警察署や交番で申請用紙に記入して申請します。

〇事故発生状況報告書 事故の加害者と被害者が、事故の発生状況について車の速度や道路の状況などを図や文章で説明した報告書のことです。

事故発生状況報告書は、交通事故証明書とともに保険会社に提出しなければいけない書類になります。

交通事故証明書よりも詳しい事故状況を記載することになります。

加害者と被害者それぞれにどの程度の過失があったのかを判断する材料として、非常に重要な書類となるので細かく丁寧に作成してください。

ケガの治療が第一 交通事故に遭った後、手続きに追われてケガの治療が遅れてしまう人も少なくありません。

書類の準備も大切ですが、病院でケガの治療をすることも忘れないようにしてください。

接骨院でも交通事故によるむち打ち、捻挫、打撲といったケガの治療が可能です。

わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

交通事故治療の詳細についてはこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

2017年2月15日 水曜日

打撲の治療と後遺症について 大府市のわかば接骨院

打撲の腫れ・痛み 打撲は骨折やむち打ちと比べると、私たちにとって身近なケガと言えます。

普段の生活でも打撲が起こることはありますが、交通事故のケガでも打撲は非常に多いです。

打撲は体に何かがぶつかったり転倒した時に、皮膚の傷を伴わない皮膚の下の損傷です。

打撲は全身のありとあらゆる部分に発生する可能性があります。

主な症状は、患部の痛みや腫れ、内出血です。

軽度な打撲であれば、放置していても1週間程度で痛みは治まっていきますが、重度なものになるといつまでも痛みが引かなかったり合併症を引き起こしたりする可

能性も否定できません。

打撲の合併症とは 打撲の合併症として特に注意しなければいけない二つの症状を以下にご紹介します。

①コンパーメント症候群 重度の打撲など大きな外傷を負った時に発症するのが、コンパーメント症候群です。

人間の体の筋肉がいくつか存在する部分は、いくつかの筋ごとに筋区画(コパーメント)と呼ばれる部分に分かれています。

コンパーメント症候群は、主に四肢の外傷によって筋組織が急激に膨張し、コパーメント内の内圧が上昇している状態です。

コンパーメント症候群になると、コンパーメント内の筋肉や血管、神経が圧迫されて、循環機能に障害が起こります。

組織に長時間血流が流れなくなると、強い圧痛や感覚異常が起きたり運動麻痺などの後遺症が現れます。

早く処置をしないと、筋肉が壊死したり神経麻痺が残る恐れがあります。

②外傷性骨化性筋炎 骨や関節が大きな損傷を受けたときに起こるのが、外傷性骨化性筋炎です。

特に大腿骨や上腕骨付近の筋肉が内出血を起こし、その部分に血腫ができてその血腫の中に細胞が侵入して骨のような塊ができて筋肉を刺激し続けることで痛みや

筋力低下が起こるのです。

外傷性骨化性筋炎を防ぐためには、血腫ができないようにすることが重要です。

そのためには、打撲の応急処置の基本である「RICE処置」を適切に行わなければいけません。

打撲のセルフケア 打撲後のセルフケアとして有効なのが「RICE処置」です。

RICE処置は、

安静(Rest):患部を動かさないように安静に過ごす

冷却(Ising):患部を冷やす

圧迫(Compression):患部を固定する

抑揚(Elevation):患部を心臓よりも高い位置に挙げる

打撲になった時は、この4つの処置を適切に行うことで症状の悪化を防ぎ、合併症を防ぐことができるのです。

接骨院でも、打撲の治療や処置を行うことができます。

わかば接骨院でも交通事故専門士による治療と無料相談・マッサージ治療も行っております。

交通事故治療についての詳細はこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

カレンダー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ