わかば接骨院通信

2017年3月30日 木曜日

交通事故のむち打ち症で後遺症を残さないために 大府市のわかば接骨院



事故直後のむち打ちについて

交通事故の直後に首や背中が痛みだしたら、急性のむち打ちになっている可能性が高いです。

事故直後は、急性期なので炎症をおさえるために安静にしておかなければいけません。

すぐに病院へ行き、骨に問題が無いことを確認してもらった後で、しばらく首を動かさず安静にしていましょう

首を固定する頸椎カラーをつける人もいますが、頸椎カラーは効果に個人差があるため自己判断で装着するのではなく、必ず専門家の意見を聞いてから取り入れましょう。

無理に首を動かしたり、痛いからといって何度も触っていると痛みが強くなる恐れもあるので気をつけてください。

激しい痛みが出ている場合は、痛み止めを服用して症状を抑えます。

急性期に患部を温めると余計に炎症が悪化して、ケガの直りも遅くなるので急性期は入浴も控えた方が良いです。

急性期は、マッサージも治りを遅くする一因となるため避けてください。

急性期が過ぎたむち打ちには

事故から2,3日で急性期の痛みは落ち着いていきます。

急性期が過ぎたら、緊張して凝り固まっている筋肉を徐々にほぐしていく必要があります

メインの治療は、患部を温めてコリを取っていく温熱治療になります。

また、温熱治療に加えて患部に微弱な電気を加えて、筋肉を刺激する方法やマッサージを同時に行うこともあります。

しっかりと通院することが大切

むち打ちの後遺症が残る原因として、

①治療を開始するのが遅れたこと

②ちゃんと通院しなかったこと

が挙げられます。

むち打ちは、事故に遭ってすぐに症状が出ることが少なく、事故からしばらく時間をおいて発症することが多いです。

そのため、治療を開始するのが遅れる、炎症が起きているときに適切な処置が行われないといった問題が生じてしまうのです。

また、むち打ちが回復してくると、まだ通院が必要なのにもかかわらず途中で通院をやめてしまう人がいます。

むち打ちに限ったことではありませんが、中途半端な状態で治療をやめてしまうと後遺症が残りやすいです。

症状が治まって来ると何度も通院するのは確かにたいへんです。

しかし、「次は○○日に来てくださいね。」と言われたら、その日に治療をしなければいけないということなのです。

交通事故の治療は、基本的に自賠責保険から治療費が支払われるため実質の負担はありません。

後遺症が残ると、その後何年にもわたって辛い症状に苦しむことになるので、将来的な健康のためにも完治するまで通院を続けてください。

むち打ち症の治療を専門的に行っている医療機関や、交通事故のケガの治療を得意とする機関を受診することをおすすめします。

わかば接骨院でも交通事故に伴う打撲や捻挫の治療、交通事故専門士による無料相談も行っております。

交通事故治療についての詳細はこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

2017年3月24日 金曜日

交通事故における自賠責保険以外の保険 大府市のわかば接骨院



自賠責保険の重要性

交通事故で使われる保険といえば真っ先に思い浮かぶのが「自賠責保険」ですよね。

自賠責保険は、車を運転する人すべてに加入が義務付けられており、加入していないことが分かれば罰則の対象となります。

交通事故の被害者もしくは加害者がケガをした際に、治療費や慰謝料を補償してくれるのが自賠責保険です。

自賠責保険に加入していないと、加害者が被害者の損害賠償を払えないなどといったトラブルが起こることもあるので、自賠責保険に加入しているかどうかは必ずチェックしておきましょう。

自賠責保険以外の保険

自賠責保険以外の、交通事故の時に使える保険を以下にご紹介します。

◆任意保険

任意保険は、自賠責保険では補償しきれないことを補償してくれる保険です。

自賠責保険の補助的な役割で加入する人が多いです。

各保険会社によって、加入の条件や内容に差があるので、自分の求めているものに合った保険を選ぶ必要があります。

◆労災保険

業務中に起きた交通事故であれば、労災保険が活用できることがあります。

ただし、自賠責保険と重複して請求することはできないので注意が必要です。

100%加害者に過失がある場合でも、自動車通勤を認めていない会社で通勤に自動車を使って事故に遭った場合でも、労災保険は適用されます。

労災保険には仕事を休んでいる間の賃金の20%が支払われる「休業特別支給金」というものがありますが、慰謝料の支払いはありません。

基本的には労災保険よりも自賠責保険を使うのが一般的ですが、自分の過失割合が大きくなる場合は、労災保険を使った方が良いケースもあります。

◆健康保険

交通事故で健康保険を使う時は、治療費の3割を負担しなければいけません。

重いケガで治療に時間がかかり、自賠責保険の限度額である120万円を超えてしまった場合や高額な医療費が必要なケースでは健康保険が使われます。

健康保険で治療を受ければ、医療費が高額でも高額療養費となり、患者の負担は国が負担してくれます。 

万が一、治療が長引くことが予想され、治療費が120万円を超えそうであれば、病院に「健康保険を使いたい」ということを伝えてみましょう。

また、交通事故に遭って仕事を休まなければいけなくなった場合、休んでいる間に得られなかった給料を休業補償として相手の自動車保険から受け取ることができます。

この休業補償は、健康保険でも適用されます。

ただし、休業補償には限度額があるので注意してください。                                                                                                                                          

交通事故のケガでは、接骨院での治療も保険の適用範囲になります。

わかば接骨院でも交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

交通事故治療についての詳細はこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

2017年3月17日 金曜日

交通事故で腰痛が再発した場合の治療 東海市の交通事故治療は当院へ



交通事故で腰痛が再発したら

交通事故に遭った後に、腰痛が再発してしまうことがあります。

もともと過去に重い腰痛を患っていた人や、腰痛が治ったばかりの人は再発の危険性が高いです。

一度腰痛を経験したことがある人が1年以内に腰痛を再発する割合は30%以上となっており、10年以内になると約80%以上の人が再発を経験しています。

腰痛が再発するきっかけとなるのが、

・筋肉疲労
・肉離れ
・捻挫
・歪み
・老化
・肥満
 
です。

交通事故で腰痛が再発した場合も、後遺障害認定や損害賠償の対象になります。

まずは整形外科で、レントゲンなどの画像診断をして、診断書を書いてもらいましょう。

腰痛が再発しやすい人とは

腰痛が再発しやすいのは、以下の条件に当てはまる人です。

◆姿勢が悪い人

腰痛の原因の多くが普段の姿勢にあります。

逆に、良い姿勢をしている人は腰痛の発症率が低く、一度腰痛になったことがある人でも姿勢を矯正したことで腰痛の再発を防止することができている例もあります。

腰痛の原因となる姿勢とは、猫背や左右で重心のバランスが崩れている姿勢のことです。

座り仕事に従事している人は、立っている時間よりも座っている時間の方が長いので、座っているときの姿勢も重要です。

椅子に座る時は、尾てい骨が椅子の背もたれに当たるように深く腰掛けて、腰と太ももが直角で、足の裏がしっかりと地面に着いているような姿勢が、腰に負担がかかりにくい座り方です。

◆運動不足

骨や筋肉が衰えていると、いくら姿勢を良くしても腰痛が起こります。

体を動かす習慣が無いと、筋肉量が減ってしまい上半身を支えることもできなくなります。

「忙しくてなかなかスポーツにまで手が回らない。」「そもそも運動するのがそれほど好きじゃない。」という人におすすめなのがストレッチです。

スキマ時間や寝る前に場所を選ばずにできるストレッチなら、運動が苦手な人にも続けやすいはず。

◆腰を丈夫にする食事

骨や筋肉を作るのは、毎日の食事です。

カルシウムの多い牛乳や乳製品、ゴマやホウレン草などを積極的に摂り、それと一緒にカルシウムの吸収を良くするビタミンDも摂取しましょう。

ビタミンDは、鮭や干しシイタケにたくさん含まれています。

また、丈夫な筋肉を作るために良質なたんぱく質も食事に取り入れましょう。


普段から腰のケアを

数ある症状の中でも、腰痛は再発の可能性が非常に高いです。

交通事故のような強い衝撃を受けると、一度痛めたところはどうしても弱くなっているので同じ症状が出やすいのです。

腰痛の経験がある人は、普段から腰のケアをして再発防止に努めましょう。

もしも交通事故によって腰に痛みが出たら、接骨院で治療を受けることができます。

わかば接骨院でも交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

交通事故治療についての詳細はこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

2017年3月16日 木曜日

交通事故での打撲と応急処置 大府市のわかば接骨院

打撲したらすぐにやるべきこと

打撲とは、体の一部を何かにぶつけたり、強い衝撃を外から受けたときに発症するケガのことです。

打撲の主な特徴は、患部の痛みや圧痛、皮膚の変色、腫れです。

打撲直後にやるべきこととしては、RICE療法です

RICE療法とは、REST(安静)・ICE(冷却)・COMPRESSION(圧迫)・EREVATION(高挙)の頭文字を組み合わせた打撲の応急処置の方法です。

つまり、打撲直後には、

・患部を動かさないようにして、体重をかけず安静に過ごすこと

・炎症を抑えるために氷や冷たいタオルなどで冷やすこと

・包帯やテーピングを利用して患部を圧迫し、内出血と腫れを防ぐこと

・心臓より高い位置に患部を挙げて、内出血や腫れを軽減すること

が打撲を早く治すためにできる応急処置の方法です。



打撲の部位別ポイント

打撲した部位によって、注意しなければいけないポイントがあります。

①頭部や顔の打撲

頭部や顔に衝撃を受けた場合、意識障害が起こる可能性があります。

意識があってもめまいや頭痛があれば、必ず病院を受診してください。

頭部や顔の打撲は、横になって休息を取り、応急処置をしっかりとして痕が残らないようにしましょう。

②胸やお腹の打撲

胸を打撲した場合は、肋骨が骨折しているケースがあります。

胸を押したときに激しい痛みがあれば、骨折の可能性があるのでレントゲンで診断してもらいましょう。

また、お腹を打撲した時は、肝臓や腎臓などの内臓が傷ついている恐れもあります。

内臓の損傷は命にかかわるので、救急車で病院へ行ってください。

③腰の打撲

腰を強く打ち付けて、脊柱や骨盤が骨折する場合があります。

これらの骨が傷つくと、普通に立ったり歩いたりすることが困難になります。

脊髄に傷がついて神経を圧迫する可能性もあり、大変危険です。

④手足の打撲


腰椎捻挫のリハビリ

腰椎捻挫では、痛みが激しい炎症期には安静が必要です。

しかし、痛みが治まってきたら少しずつ体を動かすようにして、筋肉をほぐしてあげることが大切です。

動くと激しく痛むような急激な運動は避けて、日常生活で必要な動作を無理のない範囲で行ってください。

腰椎捻挫の治療は、投薬や湿布で痛みを抑えながら、歩行訓練などのリハビリを行っていきます。

治療を中途半端な状態で終わらせてしまうと、腰椎捻挫が再発しやすくなってしまうので、しっかりと治療しましょう。

わかば接骨院でも交通事故専門士による交通事故のケガの相談に対応しております。

交通事故治療についての詳細はこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

2017年3月16日 木曜日

交通事故の被害者にならないために 東海市の交通事故治療は当院へ

交通事故を減らすために 日本での交通事故発生件数は、ピーク時に比べれば少しずつではありますが減少傾向にあります。

自動ブレーキアシスト車の登場などによってより安全性の高い車を利用できるようになってきたことも理由のひとつです。

近年では、人間が運転しなくても自動車が勝手に運転してくれる自動運転システムが搭載された車の開発が進み、実用化を期待する声が高まっています。

しかしながら、少子高齢化が進んでいることもあって高齢者が関わる事故の数はなかなか減りませんし、

飲酒運転や居眠り運転などの悪質な運転による悲惨な事故も多数発生しているのが現状です。

自分が加害者にならないのはもちろん、被害者になったときにできるだけ身を守れるようにしておきましょう。

車の安全装置について 交通事故が起きた際に、車には衝撃から身を守ってくれる安全装置が搭載されています。

特に、以下にご紹介する二つの安全装置は身を守るために必要不可欠です。

安全装置を正しく使い、自分の身を守ることが大切です。 〇エア・バック エア・バッグは、自動車が衝突した時にその衝撃から乗車している人を守るものです。

車の前面が何かにぶつかった瞬間に、空気の入った風船上の物が膨らみ、人間がハンドルなどに直接衝突するのを防ぎます。

エア・バッグは次の条件を満たしたときに膨らみます。

・時速20㎞~30㎞以上で走行していて、強固な壁や建物に衝突した時

・自動車などと衝突し、強固な壁や建物に衝突した時と同じような衝撃を受けた時 エア・バッグが膨らむのは基本的に車の前面に衝突した時ですが、

前面の一部分だけに衝撃が加わっていたり、斜めから衝突した場合にはエア・バッグが膨らまないこともあります。

エアバッグは、もともとそれだけで身を守れるものではなく、シートベルトと併用して使うことで高い安全性を発揮します。

  「エア・バッグがあるからシートベルトはしなくていい」ということでは無いので注意しましょう。

〇シートベルト シートベルトは、肩の中央からから腰に掛けるベルトのことです。

自動車が何かに衝突した時に体が前に出るのをホールドして、ハンドルにぶつかったり窓を突き破って体が外に飛び出してしまうのを防ぎます。

シートベルトをしているのとしていないのとでは、事故に遭った時の生存率に大きな差が出ます。

ケガの重症度も格段に違うので、たとえ運転手でなくとも車に乗る時は必ずシートベルトをしてください。

もしも駐車場で事故に遭い、ケガをしたら接骨院で治療を受けることができます。

わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

交通事故治療の詳細についてはこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

カレンダー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ