わかば接骨院通信

2017年6月29日 木曜日

交通事故による精神的な後遺症について 東海市の交通事故治療は当院へ

交通事故と精神障害について

交通事故に関わったことが引き金になって、精神障害を発症することがあります。

交通事故の被害者になった人だけでなく、加害者や現場の周囲にいた人も事故のショックから精神的に不安定になります。

また、事故でケガを負い、その痛みや治療の辛さから精神的障害が発症することも考えられます。

さらに、交通事故の際に脳に衝撃が加わったことが原因で、精神的な異常が発生することもあり、これを「器質性精神障害」と呼びます。

対して、これといった外傷がなく脳にも外傷が見られないにもかかわらず、精神障害が起こっているものを「非器質性精神障害」といいます。

交通事故後に発症することが多いうつ病やPTSDをはじめ、不安神経症や強迫神経症、統合失調症、心気神経症などもこの「非器質性精神障害」に当たります。


精神障害の症状について

精神障害になると、以下のような症状が現れます。


●不安になる

「誰かが自分を責めているんじゃないか。」「また同じようなことが起こるんじゃないか。」といった不安が常に頭の中にあります。

いつも不安感が消えず、苦しい状態が続きます。


●やる気がなくなる

交通事故に遭う前には興味が持てたことや、やる気になれたことに興味が持てなくなります。

また、自発的に何かをやろうという姿勢も失われていきます。

無口になり、身だしなみや部屋なども雑になります。


●妄想や幻覚が見える

誰かが悪口を言っているように感じたり、他人が敵に見えたり、ありえない映像が見えるといった幻覚が見えます。

現実と内容がかけ離れており、他車からの助言や否定を無視して妄想の世界に入ってしまいます。


●記憶障害

自分の名前や仕事など生活の一部を忘れてしまったり、家族のことが思い出せないといった記憶障害が出るのが器質性精神障害の特徴です。

自分のことをすべて忘れてしまうこともあれば、ある一定の時期の出来事が抜け落ちたようにすっぽりと無くなってしまうこともあります。


●抑うつ状態

継続的に「悲しい」「つらい」「絶望感」「寂しい」といった感情が現れます。

ポジティブな感情がほとんどなくなって、表情にも笑顔が見られなくなります。


後遺障害認定について

交通事故での精神障害で後遺障害認定を受けるためには、


・交通事故と精神障害の関係を証明


・医師による診断と治療


・症状が固定したことを証明する


という3つのポイントをクリアする必要があります。

特に最後の項目である、症状の固定の判断は精神障害の一番難しい部分でもあります。

普通のケガは、これ以上治療しても完治する見込みがない段階が分かりやすいですが、精神障害の場合は突然回復し始める可能性もあるためです。

交通事故後に、何らかの精神症状がみられる場合は、早めに精神科を受診しましょう。

わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

交通事故治療についての詳細はこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

2017年6月26日 月曜日

交通事故の危険ポイントと接骨院 大府市のわかば接骨院

状況変化に臨機応変に対応

車を運転していると、急に道路の状況が変わったり、周りの車の様子が変化することがありますよね。

また、気候に影響されることも多く雪道でスリップの危険が高くなる、激しい雨の時には視界が悪くなるといった問題が起こります。

車を運転する人は、このような状況変化に臨機応変に対応する能力が求められます。

運転しているときに前方の車が事故を起こす可能性もゼロではありません。

その時に、冷静に判断してブレーキをかけるもしくは避けるなどといった対処をする必要があるのです。

突然の状況変化に、いちいち慌てふためいていると事故を起こす可能性がぐっと高くなります。

どのようなことが起きそうなのかあらかじめ予測して、冷静に対応できる能力を身につけましょう。


近くにトラックが走行している場合

トラックの近くを走る時は、以下のような点に注意しましょう。


◎車体のはみだしに注意

トラックは車体が前後に長く、カーブを曲がる際にセンターラインから車体の後ろがはみ出ることがあります。

片側一車線の道路だと、対向車がはみ出た車体に接触する可能性もあります。

片側二車線でも、後ろから来た車がぶつかる恐れがあるのです。

乗用車のドライバーは曲がろうとしているトラックを見つけたら、できるだけ車線から離れましょう。

避けるのが難しいと判断したら、いったん止まり、トラックが曲がり終わるのを待つという判断も必要です。


◎トラックの後ろを走るのは避ける

トラックが前方にいると、前の道路の様子がほとんど分かりません。

信号機も見えづらく、止まるタイミングを見誤ると前方のトラックに追突することもあります。

さらに危険なのは、前後をトラックに挟まれるという状況です。

トラックの運転席は、乗用車よりも高い所にあるので乗用車の動きがよく見えません。

前方のトラックがスピードを上げたらそれに合わせて後方のトラックも速度を上げて、間にいる乗用車に追突する事故が起こります。

また、前方のトラックが急ブレーキをかけた際、後ろのトラックのブレーキが間に合わず、間にいた乗用車が押しつぶされてしまうという悲惨な事故も起こっています。


近くにバスが走行している場合

バスもトラックと同様に車体が大きいため、後ろに付くと前方が見えづらいです。

さらに、バス停に停車した時にバスから降りた人が急にバスの陰から飛び出してくる恐れがあります。

バス停からバスが発進しようとしている時に無理に通り抜けようとすると、接触の危険があるので後ろで一時停止した方が安全です。

バスの中には大勢の人が乗っている可能性があり、事故が起きるとたくさんの人にケガを負わせる危険もあります。

どれだけ注意していても、不慮の事態で交通事故が起こることはあります。

万が一の場合に備えて、危険がありそうな車の近くは走行しないようにしましょう。

わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

交通事故治療についての詳細はこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

2017年6月23日 金曜日

交通事故後の頭痛と治療について 東海市の交通事故治療は当院へ

交通事故後に起こる頭痛について

交通事故後に起こる体の変化のひとつとして、頭痛が挙げられます。

事故発生からしばらくして、頭痛やめまいなどの症状に悩まされる人も少なくありません。

「頭痛なんて誰にでも起こるのでは」と思われるかもしれませんが、交通事故で起こる頭痛には命にかかわるようなものもあり、「たかが頭痛」と軽視するのは危険です。

頭痛は、緊張性頭痛・片頭痛・群発性頭痛などに分けられます。

頭痛が続くと、夜眠れない・集中できない・目が疲れやすいなどの問題も起きて日常生活に支障を来すこともありますよね。

痛み止めを服用して生活している人もいますが、根本的な原因を取り除かない限り頭痛は続きます。

辛い症状を治すためには、何が原因で頭痛が発生しているのかを突き止めることが重要です。


むち打ちが原因で発生する頭痛

交通事故後に起こる頭痛は、むち打ちの症状として発生することが多いです。

むち打ち症はレントゲンなどの画像診断で判断することが難しく、頭痛だけが主症状として表れている場合は、交通事故との因果関係を証明してもらえないこともあります。

このようなことを防ぐために、交通事故の症例に詳しい先生がいる病院を受診することをおすすめします。

では、なぜむち打ち症で頭痛が発生するのでしょうか?

むち打ち症は、追突されて首が前後左右に強く揺さぶられたことによって、筋や靭帯が損傷を受けた状態です。

首は頭部に近く、神経や血管も脳に繋がっているため首周辺が損傷すると、頭部にも影響が出ます。

また、むち打ち症によって血管が圧迫されて、頭への血流が悪くなり脈打つような痛みが出ることもあります。

血流の悪化による頭痛は、むち打ち症の治療もかねて血流を良くする治療法が取られます。

患部を温めたり、筋肉をほぐすマッサージを施して、血流を改善していきます。

危険な頭痛のサイン

頭痛の中には、すぐに治療をしないと危険なものもあります。

以下のような症状に心当たりがあれば、早急に病院へ行きましょう。


・記憶があいまいになっている

・激しい頭痛が何日も続いている

・眠れないほど痛い

・鎮痛剤が効かない

・手足に痺れがある

・意識がもうろうとすることがある

・日を追うごとに痛みが強くなっている

・しゃべりにくさを感じる

・目がかすむなどの視覚障害がある



上記のような症状があると、くも膜下出血や脳腫瘍、脳梗塞、髄膜炎などの病気が疑われます

頭痛は、交通事故以外でも起こりうる症状のため、交通事故との関係性に気づかない人も多いのが特徴です。

しかし、早めに治療を開始しないと他にも体のいろいろな部分に悪影響を及ぼす可能性もあるので、必ず病院へ行きましょう。

わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

交通事故治療についての詳細はこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

2017年6月20日 火曜日

事故被害者の不眠症と病気について 大府市のわかば接骨院

事故と不眠症の関係とは

「交通事故に遭ってから眠れない日が増えた。」という悩みを抱く人がたくさんいます。

眠れないまではいかなくても、「なんとなく寝つきが悪くなった。」「すぐに目が覚めてしまう。」といった不眠症に近い症状が続くことがあります。

しかし、不眠症と交通事故との関係を証明することは難しく、交通事故以外の理由で不眠症になっていることも考えられるため後遺症として認定されることが難しい場合もあります。

ケガの痛みから不眠症が発症していることも珍しくありませんし、むちうち症の症状のひとつとして不眠症になることもあります。

不眠が続くと、十分な睡眠がとれずケガの回復にも影響が出ます。

また、日中の集中力も低下して、仕事や生活に問題が発生するケースもあり、たいへん危険です。

事故後のPTSDの発症

交通事故後に睡眠障害が起こる理由はさまざまですが、大きな原因として考えられるのがPTSDです。

人間は死の危険が迫ってくるような場面やひどいケガを負うといった体験をすると、その経験が心のトラウマになることがあります。

このようにある経験が心の傷になって、精神障害や体調不良になることを「PTSD(心的外傷後ストレス障害)」と言います。

たとえ自分自身が事故の当事者でなくとも、事故現場を目撃したり親しい人が事故に遭ったりしてPTSDを発症するケースも少なくありません。

PTSDの症状が悪化すると、些細なきっかけで事故の瞬間がフラッシュバックして蘇るといったことが起こり、日常生活に支障が出ます。

PTSDによる睡眠障害は、

●寝つきが悪い

●眠ってもすぐに起きてしまう

●夜中に目覚めてしまう

●眠っても疲れが取れない

●熟睡できない



といった症状が現れます。

PTSDは、精神科や心療内科を受診する必要があり、状況に応じて精神安定剤や睡眠薬などの服用をする時もあります。

ケガを負っている場合は、ケガの治療と同時進行で心のケアやストレスチェックなども必要になります。

3ヶ月以上精神不安定や不眠が続く場合は、慢性的な精神疾患を抱えていることになりますので、早めに専門の病院で診察を受けることをおすすめします。

なお、交通事故が原因で発生したPTSDやうつ病も事故の後遺障害認定を受けることができます。

しかし、同じ事故に遭った人でも不眠になる人とならない人がいます。

まじめな性格の人や気が弱い性格の人は、事故をきっかけに不眠になる可能性が高いです。

少しでも不安なこと、気になることがあれば早めに医師に相談してください。

もしも、交通事故の被害者となり負傷した場合は、接骨院で治療を受けることが出来ます。

わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

交通事故治療についての詳細はこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

2017年6月17日 土曜日

自転車の交通事故防止と治療について 東海市のむち打ち治療は当院へ

利用者が多い自転車だからこその危険

自転車には運転免許証が必要なく、どんな人でも乗ることができます。

小学生が乗ることもあれば90歳以上の人が乗る可能性もあります。

そのため、まったく交通ルールを無視したような危険な自転車の乗り方をする人もいます。

しかし、法律上は自転車も車両に分類されるため、道路交通法を守り安全に走行する必要があります。

警視庁の発表によると、自転車が関わる交通事故の発生件数は少しずつ減少してはいるものの、依然として数の多さが目立ちます。

自転車事故を防ぐために、自転車に乗る際の注意点をまとめました。

自転車通行の原則

車両が道路を走行するときは、基本的に道路の左側を走行するのがルールです。

軽車両に分類される自転車も例外ではなく、歩道と車道がある道路では車道の左側を通行するのが原則です。

自転車で路側帯を走行するときも、路側帯の中の左側を走行することになっています。

右側を走行した場合は、3カ月以下の懲役または5万円以下の罰金が科せられることがあります。

また、自転車で歩道を通行するときは車道側を走らなければいけません。



なお、自転車が歩道を走行するのが認められるのは、

・13歳未満の子供

・70歳以上の高齢者

・道路標識で、自転車の通行が認められている歩道

・車道を通行することに支障がある身体障碍者

・車道を走行すると安全が確保できないと判断される状況



です。

自転車で歩道を走る時は、周囲の歩行者の安全を第一に考え、徐行してください。

危険な自転車運転のポイント

自転車を運転するにあたり、以下の点に注意しましょう。

◎音楽を聴きながら

イヤホンなどで音楽を聴きながら自転車を運転していると、周囲の音に鈍感になり、車や歩行者が接近していることに気づかない可能性が高くなります。

急な飛び出しに対応できなくなり、衝突事故の危険もあります。

◎飲酒運転

お酒を飲んだ後に自転車を運転したら「飲酒運転」になります。

自動車と同じように酒酔い運転の罰則が適用され、5年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金が科せられます。

信号を見落としたり、ハンドル操作がおぼつかないといった問題も起こり、事故の危険性が非常に高くなります。

飲酒後の自転車の運転は、絶対にやめましょう。


◎子供は必ずヘルメット着用

子供が自転車を運転する場合は、必ず保護者がヘルメットの着用を指導してください。

ヘルメットがあるだけで、交通事故に遭っても頭を守ることができます。

子供は走行中に転倒することも多いので、けが防止のためにヘルメットと防具を着用させた方が安心です。



わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

交通事故治療についての詳細はこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

カレンダー

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ