わかば接骨院通信

2017年10月31日 火曜日

交通事故被害者の膝の痛み 東海市の交通事故治療は当院へ

交通事故で膝の痛みが現れたら


膝は、全身の体重を支える要となる関節です。

交通事故の被害者になり、膝に何らかのケガをすると歩行問題が出てきます。

歩くたびに膝に痛みが走ったり、ひねりや重力が加わると動けなくなる人もいます。

交通事故で多いのは、膝関節の捻挫や半月板の損傷です。

倒れそうになって踏ん張ったときに、膝に強い力がかかって捻挫が起こります。

膝関節は靭帯が密集しているので、少し捻っただけでも通常の歩行に影響を及ぼす恐れがあるのです。

半月版は、大腿骨と脛骨の間に挟まれている軟骨のことで、膝関節の滑らかな動きと外部からの衝撃吸収をする役割があります。

この半月版が損傷を受けると、骨と骨が直接こすれ合うようになり、激しい痛みが現れます。


膝の痛みの治療


膝のケガは、損傷の具合によって保存療法か手術による治療が選択されます。

一度損傷してしまうと完治が難しいのが膝の特徴です。

膝関節の捻挫と半月板の損傷における治療の方法について以下にご紹介します。


●膝関節の捻挫


膝関節の捻挫は、多くの場合保存療法が選択されます。

膝の捻挫の多くは、内側靭帯の損傷でありこの部分は比較的軽度で済む可能性が高いのです。

患部をサポーターで固定し、重力による負担を軽減することで膝関節を保護します。

捻挫で重要なのは、受傷後の応急処置です。

応急処置の基本である安静・冷却・圧迫・挙上の4つをしっかりと行えば、重傷化を防ぎ、早期回復が望めます。

保存療法が効果を発揮すれば、1週間程度で痛みは落ち着いていきます。


●半月板損傷


半月板損傷の主な症状は、膝の痛み・腫れ・膝の曲げ伸ばしが不自由・正座ができない・歩けない・走れないといったものがあります。

損傷が軽度であれば、保存療法で症状が落ち着くのを待つことができます。

炎症が強い時は、できるだけ膝を動かさないように安静を保ち、腫れが見られれば患部を冷やすひつようもあります。

消炎鎮痛効果のある塗り薬や飲み薬を併用することもあります。

徐々に炎症が落ち着いていくようなら、リハビリとして少しずつ運動を再開し、元の生活に戻れるようになります。

しかし、半月板の損傷がひどい場合は手術での治療が必要です。

傷ついた半月版を縫合するか損傷部分を切除するかのどちらかになります。

術後の経過が良好なら1週間程度で普通の生活が可能です。

膝は一度受傷すると、痛みが残りやすく再発も多いです。

早めに適切な治療を開始して、再発を予防することが大切です。

わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

交通事故治療についての詳細はこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

2017年10月27日 金曜日

災害時の交通事故とケガの治療について 大府市のわかば接骨院

運転中の災害に備えて


日本では、地震や台風、竜巻、ゲリラ豪雨、積雪、高波など年間を通してさまざまな災害が発生します。

災害は、人間の力ではどうすることもできません。

しかし、政府や気象庁から発表される災害の予測を基に、危険な場所や時間帯を避けることで身の安全を確保することは可能です。

また、災害が発生した場合を想定してどのように行動すべきなのかあらかじめ理解しておくことも身を守ることに繋がります。

では、車を運転中に災害が起きたらどうしたら良いのでしょうか?

そのまま運転を続けてよいのか、それともその場で運転をやめて車を降りるべきなのか迷いますよね。

災害時、間違った判断をすると思わぬ交通事故やケガを引き起こす恐れがあります。


運転中の地震について


道路を走行中に地震が発生したら、安全な場所に車を停めましょう。

注意しなければいけないのは、揺れを感じたからと言ってすぐに減速しないことです。

自分が揺れを感じていても、周囲の車の運転手が気付いているとは限りません。

自分だけが急な減速をすると、追突されてしまう可能性があるのです。

周りの状況を確認し、ハザードランプを点けて停車の意思表示をし、道路の左側に注射します。

ラジオや携帯電話で情報を手に入れ、避難が必要だと判断した場合は速やかに車を置いて安全な場所に逃げなければいけません。

この時、キーはつけたままでロックはせずに避難しましょう。

緊急時は、緊急車両や救急車が道路を通る可能性が高く、その際に邪魔な車を移動させる必要があるからです。


台風の中での運転について


7月~9月の間は、台風が頻繁に発生し、日本に上陸することも少なくありません。

雨が激しい台風の場合は、視界が悪くなり、場合によっては車に水が侵入してエンストする恐れがあり、たいへん危険です。

さらに、人間が立っていられないほどの風速で風が吹くことも多く、ハンドルが取られてしまう可能性もあります。

交通機関も乱れるので、道路が渋滞しやすく思わぬ事故が発生します。

台風が来ているという時点で、車での移動を避けるのが最善策です。

車を移動中に台風が接近してきた場合は、できるだけ近くの駐車場に車を停めて、安全が確保できるまで待機しましょう。

増水している河川に近づくと、急な氾濫に車ごと巻き込まれる恐れがあります。

また、強い風によって倒木や危険物の落下が考えられます。

万が一、落下物などでケガをした場合は、早めに医療機関を受診してください。

災害時は、危険な地域に近づかず、身の安全を確保することを最優先に移動してください。

わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

交通事故治療についての詳細はこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

2017年10月24日 火曜日

事故後の頭痛の治療と対策 東海市の交通事故治療は当院へ

交通事故後の頭痛について


交通事故にあったことをきっかけに、頭痛がひどくなることがあります。

また、もともと頭痛持ちだった人は頭痛が事故前よりも重症になったり、頻繁に頭痛に悩まされるようになるケースもあります。

交通事故の際に、頭や首を打ちつけたり、全身に強い衝撃を受けた場合は脳の一部が損傷しているもしくは身体のどこかが傷ついたことで頭痛の発症に繋がっている可能性があります。

特に、頸椎の捻挫であるむち打ち症の症状のひとつとして、激しい頭痛が現れることは珍しくありません。

また、交通事故という非日常的な出来事による精神的ショックから、自律神経のバランスが崩れて、頭痛が慢性化する恐れもあります。

交通事故後、急な頭痛に苦しむようになり、日常生活もままならなくなることもあるのです。

頭痛の種類も、頭全体が締め付けられるように痛いものや、後頭部の鈍痛、毎回痛む場所が変わるなど個人差があります。


片頭痛のセルフケア


頭痛が起きた際にできるセルフケア方法をご紹介します。


●安静にする


痛みが出たら、無理をせずゆっくりと休息を取りましょう。

こめかみが脈打つような痛みの片頭痛は、外部からの刺激に反応して痛みが増します。

音や光などの刺激になるようなものはできるだけシャットダウンし、暗く静かな部屋で目を閉じて過ごしてください。

また、安静にすることでリラックスして副交感神経が活発になります。

副交感神経が活発になると、乱れていた自律神経が整います。

同時に身体の緊張もほぐれて、肩こりや首コリが原因の頭痛も楽になります。


●睡眠をとる


寝不足になると、頭痛がひどくなります。

睡眠には、脳の疲労物質である活性酸素を処理する働きがあります。

睡眠時間が十分でないと、脳にこの疲労物質が蓄積されたままになり脳の機能低下に繋がるのです。

脳全体の血流量も減ってしまうので、脳が酸欠状態になり頭痛やめまいが起こりやすくなります。

理想の睡眠時間は7~8時間ですが、人によってはもっとたくさんの睡眠時間が必要になる場合もあります。

交通事故後に、ストレスから睡眠障害を引き起こす人も多いです。

その場合は、リラックスできる睡眠空間づくりを工夫する必要があります。


まずは医療機関で検査を


事故に遭った後に、頭痛の症状が出始めたらまずは医療機関で脳に異常が無いか検査してもらうことが最優先です。

頭のケガは一歩間違うと命に関わる恐れがあります。

頭痛の原因が脳の損傷によるものなのかそれ以外なのかを確認しましょう。

むち打ちや肩こり、交通事故によるストレスから発症した頭痛は、適切な治療をすることで症状の改善が望めます。


わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

交通事故治療についての詳細はこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

2017年10月20日 金曜日

人身事故における捻挫と打撲の後遺症 東海市のむち打ち治療は当院へ

交通事故の後遺症


後遺症とは、ケガや病気を治療してもそれ以上症状が改善することは無く、症状が残ってしまっている状態のことです。

その中でも交通事故が原因で発生した症状を「交通事故の後遺症」と呼びます。

後遺症が残った場合、後遺障害認定を受ければこれに対する損害賠償を受け取ることができます。

後遺障害認定を受けるためには、医師から「症状固定」の診断をしてもらう必要があります。

症状固定は「これ以上治療を続けても回復する見込みがない。」という状態のことです。

症状固定の診断がされない限りは、治療がいつまで続くのか、治療費はいくら必要なのかが明確でないため損害賠償額の合計が分かりません。

治療費は、基本的に全額加害者側が負担することになりますが、症状固定となったら治療はそこでストップするので治療費も出なくなります。

では、症状固定の診断を受けた後、後遺障害認定を受けるためにはどうしたら良いのでしょうか?

後遺障害の認定をするのは保険会社です。

保険会社に症状固定の旨を伝えて、後遺障害認定できる条件にあてはまるかどうか、検討してもらいます。

後遺障害の等級によって、損害賠償の金額も変わってきます。


捻挫・打撲の後遺症について


交通事故のケガで多い捻挫と打撲は、以下のような後遺症が残る可能性があります。


◆捻挫の後遺症


捻挫は、関節が本来の可動範囲を超えるような動きをしたことによって、靭帯や筋肉が傷ついて発症します。

主な症状は、皮膚表面の腫れや変色、それに加えて関節を動かした際の痛みです。

足首を捻挫した場合は、地面に足を着けるたびにずきずきと痛むこともあるので痛みが落ち着くまで松葉杖を使用することもあります。

受傷直後に適切な処置を行わないと、高い確率で後遺症が残ります。

捻挫の後遺症は、関節が安定せず動きがぎこちなくなることです。

また、激しい痛みは無くても動かしたときに違和感や鈍痛を感じるという事もあります。


◆打撲の後遺症


打撲は、外から受けた衝撃によって皮膚の内部組織が損傷し赤や紫色に皮膚が変色し、痛みや痺れが出ます。

打撲は骨折と勘違いされることも多く、ただの打撲だと思っていたら骨が折れていたというケースも珍しくありません。

患部が腫れている場合は、冷やして炎症を抑えましょう。

処置が遅れると、組織内の神経や筋が壊死する恐れがあります。

すると関節の曲げ伸ばしが不自由になったり、筋肉や皮膚に突っ張りを感じるといった後遺症が残ります。

わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

交通事故治療についての詳細はこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

2017年10月17日 火曜日

バイク事故と自動車事故について 大府市のわかば接骨院

バイクが関わる事故について


バイクが関わる交通事故は、重傷者や死者がでる確率が高く非常に危険です。

交通事故と聞くと、自転車や歩行者と自動車が絡む事故について想像する人も多いですが、交通事故発生件数の中でバイク事故もかなりの割合を占めています。

バイクが関わる事故には、自動車が起こす事故とは異なる特徴があります。

まず、バイク事故は死亡率が高いという事が挙げられます。

自動車と違い、身体がむき出しになっているため事故の衝撃をダイレクトに受けることになります。

そのため、事故に巻き込まれると命を落とす可能性が高いのです。


二輪車の免許の種類について


ひとことで「バイク」と言っても、その大きさや排気量などによって運転できる免許の種類が変わります。

二輪車の免許には、以下のような種類があります。


①原付免許


原付免許を持っていると、50cc以下の原動機付自転車に乗って公道を走ることが可能になります。

原付免許を取得するためには、


・運転免許試験場で適性検査を受け、学科試験に合格後技能講習を受講する


・普通自動車の運転免許を取得する




のどちらかの方法があります。

原付免許は16歳から取得することが可能で、二輪車の中でも最も簡単に手に入る免許です。


②小型限定普通二輪免許(AT小型限定普通自動車免許)


この免許では、125cc以下の二輪車を行動で運転することができます。

16歳から受験資格がありますが、AT限定の場合はミッション車の運転はできません。

免許を取得するためには、教習所を利用して講習を受けた後に試験に合格するか、教習所を使わずにダイレクト受験する方法があります。


③普通二輪免許(AT限定普通二輪免許)


免許取得方法や取得可能年齢は小型限定普通二輪免許と変わりませんが、400cc以下の二輪車に乗ることができるようになります。


④大型二輪免許(AT限定大型二輪免許)


大型二輪免許があれば、すべての大きさの二輪車を運転することができます。

取得方法は、普通二輪免許と同じく教習所で講習を受けるかダイレクト受験をするかになります。

他の免許は16歳から取得可能なのに対し、大型二輪免許は18歳以上でないと取得することができません。

400㏄以上のバイクも運転できるようになりますが、車体が大きく扱いが難しいため体が小さい人や女性は乗りこなせるようになるまでに時間がかかることが多いです。


バイク事故を起こさないために


バイクはうまく乗りこなすことができれば、とても便利でかっこいい乗り物ですよね。

バイクに乗る時は、ヘルメットなどの防具を正しく身につけて、安全運転を心がけることが大切です。

バイク事故は自動車とは違った特徴があり、バイクに乗る人ひとりひとりがバイクの危険性を認識することが事故防止に繋がります。


わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

交通事故治療についての詳細はこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院 | 記事URL

カレンダー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ